ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵プロフィル内又はサイドバーにその他ブログのMENUが有ります♪

賢い鳥類達

以前もカラスの事を書いたと思いますが、最近賢いからス話題も出ていたり、迷子になったふくろうのニュースなどありましたので、知能の高い鳥をUPしてみたいと思います。
全体に、思っているよりも、鳥は知能が高いようです。

      ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

●「券売機カラス」

youtu.be

●水道の栓ひねる「天才」カラス

 

youtu.be

●カラスに話しかけた結果

youtu.be

カラスといったカラス科に属する鳥たちは何種類かいるようですが、一般的な鳥よりも頭がいいと言われて、実際に道具をうまく使いこなしたり、知能が高い生物ほどいたずらをすることも知られている。

カラスの脳は他の鳥類の脳とは全く異なって「羽をもった霊長類」と呼ばれている。カラス達は道具を作り、それを使い、数多くの餌場の位置を記憶することができるのだそうだ。

集団内の自分以外のカラスを見て、何をしているか観察したりしているそうである。
結果社会的行動をとることができる。

カラスの高度な知性というのは驚くべきもので、鳥類の脳は霊長類を含む哺乳類のものとは根本的に全く異なった構造をしているそうだが、色々な実験からカラスには、他の動物のほとんどが持っていない高度な知性と柔軟な思考を持っていることが実証された。
鳥類では多くの機能が他の動物とは異なっていることが分かっている。その中でもカラスは鳥であっても、霊長類並の知能は持ち合わせているようだ。

先日ハシホソカラスは人間の6歳くらいの知能があると、TVで言っていましたね。

   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

そして次に頭がよさそうなのがインコです。

●大型インコ ヨウム 入れてくれよ作戦 

youtu.be

●大型インコは会話を理解してカゴに帰るか?

youtu.be

●大型インコのヨウムの日常#1 飼い主のおしゃべりには返事だけしとく

youtu.be

挨拶に始まり、話し相手にもなってくれるほどおしゃべりが上手なインコの知能はどの位でしょうか?

インコは約330種類と多くからだが大きいほど賢いとも聞きました。インコの頭からはインコ臭と言う臭いがするそうですが、嫌な臭いではありません。
寿命は個々によって変わりますが、だいたい7~15年だそうで、ほとんどは一夫一婦で一生を終えますので、ラブバードといわれるのでしょう。(すでに賢い!)

インコは人を見分けられ、共に生活している家族と、遊びに来た人を区別することができ、見た目と声で人を見分けている。

家族の中で自分の世話をしてくれる人、遊んでくれる人、可愛がってくれる人を
きちんと解っています。(犬猫と同じですね)

100語以上言葉を覚えたインコもいるが、人の言葉を理解しているわけではない
といわれます。インコはカラスの次に頭がいいと言われています。

インコのなかの「ヨウム」は人間の5歳児の知能と2歳児の感情を持っていると言
われている
学習能力も素晴らしく、飼育の場合にはきちんとしつけることができます。
良いことは進んで行い、悪いことはしなくなります。(場合によっては人よりも賢い?)

    ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

フクロウは鳥類の中でも猛禽類生態系の中でも上位に入る種族。

●首クルクルするメンフクロウ 

youtu.be

●ベタ馴れしたフクロウ 

youtu.be

●メンフクロウ ダンス フクロウ 好きな曲 

youtu.be

 フクロウは猛禽類と言ってもそれほど鋭いイメージではありませんが、夜行性の素晴らしいなハンターです。

フクロウに共通している習性として、あまり住む場所を変化させない。
フクロウの身体的な特徴は丸く大きな顔と大きな目、他の鳥類は頭の側面に目があるのに対してフクロウは人間のように前面に並んでいます。

クチバシは短く下に折れ曲がっていて、他種との外見的相違点も多く、記憶能力に長けていると言われ、知能の高い動物と認識されている。
道を覚えることができたり、名前を憶えて呼びかけに反応することもできる。

人間の行動を観察し記憶することもできるため、人間からひどいことをされるとそのことを記憶し攻撃的になることもある

記憶能力、または学習能力を持ち合わせているため動物界では。比較的知能は高い方ですが、実際には鳥類そのものの知能が高いためフクロウが特別知能の高い鳥ということではなくて、カラスよりは劣ると考えられる。

フクロウの眼は大きいのは、夜間に活動する際暗闇でもよく見えるためで、昼間には活動せず、目も閉じ休憩している。
夕方から狩りが始まると音もなく静かに飛び、ハンティングします。

目の感度が非常に高く遠近感優れている構造ですが、反面視野が狭い弱点があるので、これを首の可動域の広さで補っています。

首を回転させることが可能で、180度回転し真後ろまで見ることが出来ます。

さらに丸く広い顔面を有効利用し、前面から発する小さな音を察知出来るそうです。

鳥の世界はなかなか魅力的ですね。でも動物好きで昔から色々飼ったりしましたが、その結果今更ですが、動物は自由に野生でいるのが幸せなのだと思いました。

可愛くて手元に置きたくなりますが、もし自分が動物だったら、自然界で生きるのが幸せだろうと思いました。

自由に走り、自由に飛び、泳いだりして、好きな相手と恋もしてですね。