ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵プロフィル内又はサイドバーにその他ブログのMENUが有ります♪

MRIとオルタナ・テクノ

小学生の作文のようですが、昨日の午前中に、私は頭のMRI検査を受けてきました。重症ではないのですが、特に今年の夏は、私の苦手な蒸し暑い夏だったせいか、ちょいボケが多かったような気がしたからです。 

今年初芸能人が『脳梗塞で生命に別状はなかったけれど、過酷なリハビリを経て・・・』等と言う様なニュースを結構見たので、前から一度は脳の検査はしておこうと思って居たのです。

でその前にがん検診に行った時に、早く終わったので、脳外科へ寄って受診してMRIなど取る事にして、予約したのです。

それが昨日の事でしたが、検査の後はリハビリと称して、計算問題や文章を書いたり、図形を描いたりしたのですが、結果は全く問題なしでした。

それで、以前も私は腰と背中のMRIなどを取った経験が数回あったのですが、何時もあの音は宇宙旅行に行く時のイメージでした。

それが昨日は、昨年位からだと思うのですが、時々『オルタナ・テクノ』を聞くようになり、最近もちょくちょく耳にしていた時に「このリズムは何処かで聞いた事が有るような?」と思って居たら、MRIの音だと検査中に思ったのです。

宇宙旅行のイメージの時は、多少の我慢があったのですが、『オルタナ・テクノ』をイメージし始めたら、ひとりでに笑いたくなるくらいに、音と言うかリズムが似て聞こえるのでした。

最近又音楽を聞いたばかりだったので、余計に繋がってしまいました。そうなったら、誰でもが嫌がるあの音が全然嫌でなくなるのが不思議ですね。

検査技師の方の前回の事を何年構えの事なのに、覚えていてくれて、私の体が台の上で上向きになるのが非常にきつい体勢なのを判ってくれていて、何も言わずに的確に楽な姿勢になるように、クッションなどで調整してくれたのが、又とても嬉しかった検査でした。

MRIは強力な磁気での撮影なので、その音なのですが、今日はその音と『オルタナ・テクノ』の音を聞き比べてみたいと思うのです。

やっぱりフランスの『Jackson and His Computerband』のサウンドがぴったりと言う感じです。

まずはMRIの音から聞いてください。経験者の方はえぇ~って、思い出されたでしょう?

    ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

MRI Sounds


MRI Sounds

只のMRIだと思って居ると、嬉しい音ではないのですが、昨日は私はこのバンドの曲がイメージされて、結構楽しんでしまいました。

ここからは音楽ですが、適当に聴いてみてください。

Jackson and His Computer Band - Arpeggio (Full Version & High Quality)

 
Jackson and his computerband - arpeggio

● Jackson And His Computerband - Arp #1


Jackson And His Computerband - Arp #1

何だかよく似ていると思いませんでした?

       ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

MRIの音も今一ですが、デンタルクリニックの歯を削る音も、本当の痛さよりも音が痛い音ですよね。

今は医療での面の科学が一番じゃぁないかと思うくらい開発されているのですから、この2つのMRIと歯の治療の音を音楽に変換する技術にはならないのでしょうかしらね?

私の様に自己暗示かもですが、ふとMRIがスタートした途端に思い出したのが

オルタナ・テクノ』との類似性でした。