ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

ちょっと変わった鳥たち

以前も鳥の事を書いたが、私は結構鳥は好きな生き物なのです。それで、今日はちょっと変わった魅力的な鳥の話です。

ハシビロコウ
Shoebill Chick Reveals Darkside | Africa | BBC


Shoebill Chick Reveals Darkside | Africa | BBC


Shoebill Stork vs. Lungfish | National Geographic

アフリカのハシビロコウは、ワニの子どものような大きな獲物も口に入れられる
夜行性で、昼間はヨシやパピルスなどの草の間などで休みます。単独で生活。基本的には単独行動を好む。
長い飛翔は稀だが、興奮した際には、元いた場所から100-500メートルほど飛ぶこともあるそうです。
鳴管が退化しており鳴くことは少ないが、嘴を打ち鳴らしたり(クラッタリング)飛翔中に鳴くこともあるそうです。性格が攻撃的なので、人工的に繁殖は難しいそうです。

         ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

パフィン

英語でパフィンと呼ばれる、黒と白とオレンジ色の羽に覆われたニシツノメド(Fratercula arctica)
Watch: Curious Puffin Befriends a Tourist | National Geographic


Puffins | National Geographic

 

First Time Cute Baby Puffin Sees World | World Beneath Your Feet | BBC


First Time Cute Baby Puffin Sees World | World Beneath Your Feet | BBC

彼らの体は、完璧な防水性能を持っている。そのうえあの小さな体で、巣立ちをしたばかりのひな鳥と一緒にまる2年という長時期を水上で過ごしてから、陸地に戻ってくるそうです。

水上での生活に非常によく適応していて、海水を飲み、余分な塩分を鼻孔にある腺から排出することができる。
国際自然保護連合(IUCN)はニシツノメドリを絶滅危惧種に指定している。

その理由のひとつは、気候変動が彼らの餌となる生物に影響を与えていると考えられている。生態系はデリケートなので、浚渫工事や海底採鉱、石油採掘などで、破壊されてしまう心配がある。

北方に分布するツノメドリは、オスもメスも鮮やかで、面白いなくちばしを見せびらかして異性を誘う。

繁殖期が終わると、カラフルな固いプレートのような部分がはがれ落ち、地味なくちばしになる

           ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞


アメリカダイシャクシギ (Long-billed Curlew)


Wonderful Wyoming Wildlife - Long Billed Curlews


Long-billed Curlew - Mating flight

非常に長いくちばしを持つことが特徴。その長さは最大21.9cm位。全長が50~60cm位なので、体の割にかなり長い嘴である。
柔らかい泥底干潟を歩き、長いくちばしを泥に差し込んで、餌を探す餌はカニや軟体動物など食べる。

         ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

キウイThe world's cutest animal? - Baby Kiwi


Bizarre, Furry Kiwi Bird Gets a Closer Look | National Geographic


The world's cutest animal? - Baby Kiwi

主食はミミズ、虫、クモ、バッタなどの昆虫および果物。
通常、キーウィは地面に掘った穴に住んでいるが、岩の割れ目、丸太の下、あるいは木のくぼみなどに住むこともあり、夜、巣穴の掃除をし、そこで眠り、翌日には新しい穴へ移動入り口は小枝などで覆い隠している。

キウイは夜行性であり、捕食するのに、夜では目がきかなくなるため、嗅覚を頼りにミミズなどを捕食する。

鼻穴もなんとくちばしの先にあるキーウィが虫を探索しているうちに鼻孔に詰まり、それを取り除こうとする変な鼻息を建てる。

驚くのは卵が巨大なため難産長さ約80~120mm普通の鳥の卵の大きさの6倍位あるので、難産だそうです。

          ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

チリーフラミンゴ

Dancing Birds Compilation


Dancing Birds Compilation (Part 2)

他の鳥も映っていますが・・・


How baby flamingos become pink - Animal Super Parents: Episode 2 Preview - BBC One

鳥類の中で最も社交的な性格といわれ、縄張り意識は強くありません。とても大きな群れをつくって生活し、その群れに属する羽数はなんと100万匹に及ぶこともあります。

水中のプランクトンや甲殻類などをえさとするので、水中にくちばしを入れやすいよう、くちばしは下方向に曲がっています。上側のくちばしの縁には、「ラメラ」と呼ばれるクシのようなものがあり、筋肉質な舌で水を押し出しながら、ラメラを使ってえさをこし取って食べます。
えさとする藻類やエビなどに含まれる「カンタキサンチン」や「βカロチン」という色素によるものです。この色素を摂らなければ、体の色は白くなります。

 

鳥の中には、皆が思って居るよりも個体差は有りますが、意外と知能が高い鳥もいるそうです。頭が良いと言っても、空を飛ぶために体は軽くないとならないので、知能の高さは限界があるとも言われています。脳は結構重いですからね。

脳化指数

[脳化指数] = [定数] × [脳の重量] ÷ [体重]2/3で算出される。

ただし、知性には多くの要素が関与しており、脳化指数だけで判断することはできないそうです。

          ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞