ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

たまたま見た映画『終戦のエンペラー』

私は映画は大好きだけれど、戦争映画は余り好みではない。あくまでも娯楽として気分転換などに見たいというのが映画と思っているのだが、時々違う映画も見ることがある。

今回無料動画サイトでこの『終戦のエンペラー』を見ることになったのが、猛暑でエアコンを入れていても蒸し暑さを感じて、ダルダルだったので、久しぶりに映画でも・・・と言うので、時々見るようになったのだ。

夏休みだからか、結構面白い映画を数本見たが、なぜか目に残ったのがこの映画だった。そして、嫌なら途中でやめればよいし!と、見始めたのです。

私は以前は天皇陛下には、殆ど興味はなかった。特に昭和天皇には微妙な立場の天皇のように思っていた。
それと共に、日本で暮らしていると、自国なのに不信感も一杯感じる国なのです。

それは多くの事がグレーな感じがするからで、周囲の人たちも多くの人が、曖昧模糊とした会話が多いと感じるからだった。

しかし、海外暮らしを体験してから、少し変わってきて、日本に興味がわいて来たのだ。

しかし、グレーである事には代わりがないのだけれど
まず海外暮らしの一番の絶句した会話は「パールハーバー」会話だった。

聞いた事はあるが、詳しい事は何も知らなかったし、毎年終戦記念日になると、天皇の録音を聞いても、よく判らなかった。

しかし、海外で暮らすようになったら、日本びいきの人もいるが、大量虐殺した記念塔や、彼方此方に戦争跡が残されていたり、敗戦国日本を感じるものが沢山あった。

その後アメリカなどに行っても、良い人もいるけれど、そうでない人も多かった。そんな事があり、何だかもやもやしていたのだが『終戦のエンペラー』を見て、何となくスッキリした。

映画ではあるが、わかりやすくまるっきりのフィクションではなく、要所要所は合っているのだろうと感じる映画だった。

素直な気持ちで見られたのだ。ひとつは昭和天皇はそれほどではなかったのだけれど、今の天皇になってからは、かなり皇室には興味を持つようになり、子供の時から戦争体験をして、皇太子として生まれたばかりに、多くの国に出かけて日本と海外との架け橋になってくれている仕事に一生をささげた天皇だと思った。

皇后陛下も民間から上がり、天皇のベターハーフとして、戦争体験をした、皇后として貢献した立派な人だと思えるようになったのだ。

色々な考えの人がいると思うが、それは個人的な感じ方で、これは私が映画を見て感じた印象だ。

そして、真逆の意味の動画もあるが、きょうUP した動画は、事実としてみても良いのではと思いUPしてみた。

又気が向いたら無料動画サイトで今見られれるので、『終戦のエンペラー』は映画としても良く出来ていると思う。ドキュメンタリーではないのですが...

感想はそれぞれでしょうが!

何となく判りにくかった日本が、どのような国なのか外国人に説明するシーンで、私も感覚的に納得したのです。

そして、戦後の復興が、異常に早く発展した理由もわかった。他国よりも何十倍も早くに発展したと思う。

いまひとつ給食が不味かったのが結構どんどん美味しくもなっていったのも、ついでに思い出したのです。

本来なら飢えて何であれ文句など言えないのに「給食がいまひとつ不味かった」などと思ったのを今頃反省したりして・・・。

途中からは給食大好きでしたけれどね。その辺りの事には、このような事情がと判った映画でした。

皆さんは良く理解されていたかもですが、私は本当に海外で暮らすまでは、ただもう戦争は終ったんだからと言う事と。絶対にやってはいけない、恐ろしい事と言う意識は、海外映画から学んでいたくらいでした。

洋画は必ずと言ってよいくらい、チラッと戦争問題が出て来る物が多いですよね。

     ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

終戦のエンペラー
終戦のエンペラー』(しゅうせんのエンペラー、原題英: Emperor
第二次世界大戦終戦直後の連合国軍占領下の日本を舞台に、昭和天皇が戦犯として裁かれることをいかにして回避したかを、フィクションを交えながら描く。

商業映画としては初めて皇居敷地内での撮影も許可されている歴史コンサルタントアドバイスイギリス人のピーター・ウェーバーを監督。
客観的に描く為に、日米映画に他国の人も関わったそうです。 


映画『終戦のエンペラー』予告編

       ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 

その他参考に見た動画です。長い目ですが・・・

天皇陛下の『ある一言』がふんぞり返っていたマッカーサーの態度を劇的に変えた!日本の天皇と米司令官との衝撃の出会いと絆とは!?


海外の反応 世界が感動する日本!命をかけてマッカーサーと対峙した昭和天皇!その時歴史が動いた・・外国人驚愕の感動エピソード


昭和天皇とマッカーサーの親交 「元帥の友情を常に感謝して、その健康を祈っている」
天皇皇后両陛下外国訪問


天皇皇后両陛下外国訪問