ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りまして全画面で見てくれたら嬉しいで~す🎵

本当は日本は大きな国だったって知っていました?

日常私達が目にする地図の99%は「メルカトル図法」というので書かれた地図を見ています。

今日は日頃小さな国日本と言われていたり、そのように教わってきたので、他には小さな国がどのくらいあるかを見て見ましたら、あらぁ~・・・・でした。学校で習って以来小さな島国と思っていました。

    ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞


【衝撃】世界で一番小さい国はココ!!世界のミニ国家TOP5


世界の小さい国TOP10!日本の市町村と比べてみました!あなたの住む市町村と同じくらいの大きさの国


「日本は大きな国だった」"Japan is a big country" 東日本大震災 massive earthquake

●【世界のウソ】世界地図に騙されている。日本は大きい国だ(メルカトル図法


【世界のウソ】世界地図に騙されている。日本は大きい国だ(メルカトル図法)

       ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

しかし、面積を正確に表現するのに適していないという欠点もあり、もともと航海の時に使われていたもので、緯度によって面積が実際のものとはかなり違うようです。

赤道に近づくほど面積は小さく表示され、普段見ている地図は面積が歪んでいるのだそうです。

ユニバーサル横メルカトル図法。歪みを極力抑えたメルカトル図法。と言うのだと、私達が普段見慣れている地図からは見えないものが、この比較によって見えてくる事実のだそうだ。

固定観念ほど、世界を見誤らせるものはないですね。

 

面積を比べるには、他の図法を用いたほうがいいという意見もあった。世の中には色々な図法がある。
ボンヌ図法と言うのだと、面積を比較するのに分かりやすいそうですがが、ちょっと見慣れないので、分かりにくいようです。

 

デトロイトプログラマーが開発した地図『The True Size Of …』は、いろいろな発見があって面白い。面積の歪みを抑えつつ、様々な国を動かして見ることができるので、楽しいですし、目からウロコです。