ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

Beatbox (ビートボックス)って知っていますか?

日本ではボイパ「ボイスパーカッション」の方が知れているかもしれませんが、他国では「ビートボックス」といわれているのが通常のようで、「ボイスパーカッション」も「ボイスパーカッション」の中に入れられているようです。

でも正確に言うと両者はパフォマンスなどに違いがあります。

 

「ボイスパーカッション」と「ビートボックス」の違いとは......

 

口でドラムの音を奏でる珍しさから、一気に「ボイパ」という言い方が知れ渡り、世の中に認知されるようになりました。私も嫌いではないのです。楽しいですからね♪
小学生位から、器用に巧く出来る子も居るようで、なかなか楽しいものです。

根本的なところでは「口で演奏する」という意味では、同じリズムを作り出し音楽を演奏?する訳なので同じだと思うのですが、演ずる人達のこだわり方は、違うものなのだそうです。

ボイスパーカッションは、アカペラバンドの中で演奏することが多く、ビートボックスの場合は1人で演奏することが多くいのです。

アカペラは一時かなりはやり『アカペラ甲子園』など面白く見ていた。私個人としては、学生や若者は親がどうであっても、貧しくつましく暮らすべきだと思っている。

例外を除いて、高価な楽器など買っての音楽クラブより、なるべく自分だけで何とかする楽しみを、楽しむべきだと思っているので、アカペラはお気に入りだったし、ボイスパーカッションなどは感心してみていた。

         ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞

ここからは『Wiki参考』させてもらって!
ヒューマンビートボックスは、人間の発声器官を使って音楽を創りだす、音楽表現の形態の一つ。

略称はビートボックス、あるいはHuman Beat Boxという英語の頭文字を取ってHBBと略字で表記ヒューマンビートボックスは、概念規定が学術的に確立されておらず、起源の捉え方が諸説出てくるのが現状。

日本においては、テレビ番組においてボイパ(ボイスパーカッション)という呼称やその表現が先行して広まったこともあり、ヒューマンビートボックスとボイスパーカッションとが定義の上で混用される例も多い。

しかし、ヒューマンビートボックスの世界大会である、BEATBOX BATTLE WORLD CHAMPIONSHIPなどの場に於いては、ボイスパーカッションという呼称は理解されないことも多く、日本におけるボイスパーカッションの概念は、海外ではヒューマンビートボックスとして理解されている。

         ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞

1985年に


La Di Da Di (LIVE) - Doug E Fresh/Team Familiar

が最古の録音だそうです。

 

      ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞
この人凄いんですよねぇ~
●Beatbox brilliance | Tom Thum | TEDxSydney


Beatbox brilliance Tom Thum at TEDxSydney 2

 

●Human Beatbox 日本一のTATSUYA | Slap Beatbox Legend

TATSUYA | Slap Beatbox Legend


●beatbox dubstep session


HISS vs NaPoM | Grand Beatbox SHOWCASE Battle 2017 | FINAL

此処までくるには大変な練習でしたでしょうし、聞いているのはとても楽しいのですが、上手でなかった時は?とか考えると、家族の中に居て欲しくない気もしますね。楽しんでおいて、勝手ですが......

       ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞