ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りまして全画面で見てくれたら嬉しいで~す🎵

見なかったふりしたかったのですが......

最近は見なかったふりしたいニュースが多いので、これも見なかったふりしたかったのですが、身近な問題なのに、日本のニュース番組などでは、あんまり取り上げられていない?ようなので......

マイクロプラスチック含有製品問題

結構前から海外ニュースでは、日常的に北極クマ問題と共に掲載されている問題です。

  ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

今から30数年前に、東南アジアで暮らして居た時に無人島に行った事があるが、漁師さん達がもうすでに魚に問題があり、無人島には大量のプラステックゴミが打ち上げられていて、帰りは皆で回収して帰ったのです。そのゴミにはコークのボトルなども多かったですね。
(今緊急にってあまりにも遅くないでしょうかね? 多分40年近く昔に、私は銀座で、化粧品の動物実験の犠牲になった動物の、写真展を見た事があるのですけれど?その後対策は取られたのだるか?)

大量のプラステックゴミの海洋汚染


マイクロプラスチックの海洋汚染

●ダイビング好きの高校生が、8万年かかる海のゴミ除去をたったの5年で実現する大発明!?2億円以上集め、日本からプロジェクトを開始!


The Ocean Cleanup - The Beginning

●【理工学部】化学・生物化学科 教授 粕谷健一の生分解性プラスチックの生物分解メカニズムの研究


【理工学部】化学・生物化学科 教授 粕谷健一の生分解性プラスチックの生物分解メカニズムの研究

     ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

で私なりに、彼方此方調べてみましたら、既に1億6,500トンがきちんと処理されずに、海のゴミと化しているそうです。

計算すると、ゴミ収集車1台に全てプラスチックゴミを詰め込んだものを毎日1分おきに海に捨てていることになるそうです。

2020年には毎分4台分までの量になるとの予想。更にこの中でも深刻な問題は、特に“マイクロプラスチック”と言われるプラスチックごみ。

『この海は透明で美しいなぁ~』と思ってる海の海水を調べると目に見えない大量のプラスチック微細物が海水から発見される。

大量の海洋ゴミによく浮いているペットボトル、その他の材料がだんだん壊れ破片⇒微小化されるものから、化粧品、ハンドソープ、洗顔剤などにも含まれているものまで.....。それらが海に流れ汚染されていく。

それらはプランクトン~魚たちがこのマイクロプラスチックを体内に取り込んでしまうのだ。
マイクロプラスチックは石油や殺虫剤成分の有害物質がつきやすいそうなので、プラスチックゴミと共に大量の有害物質を蓄積していきます。

すでにマイクロプラスチックが体内から検出された魚が確認されている。最終的汚染された魚たちを食べるのが人間と戻ってくるのです。自分たちが捨てた有害物質を最終的に自分たちが食べる訳ですね。

この事態を深刻に捉えている各国の首脳は今後国際問題として取り上げ、世界的にマイクロプラスチック含有製品廃止の方向に持っていく議論がなされるそうですが、早急に対策が求められている状況に追い込まれている。

世界のプラスチック大量ゴミの60%は、中国、フィリピン、タイ、インドネシアベトナムの5カ国からのものだと言われているが、日本も以前は同じだった経済の伸びている新興国に起きる現象です。って書かれていたが、そう思われたくない国になりたいですね。未だにポイ捨てなどゴミ問題は、地区により有りますからね。

皆で考えたらゴミ問題など、かなり減るように思うのですが...。