ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

とても楽しい物つくりと発明の世界

とても楽しい素晴らしい手作りの発明の動画を見つけたので、今日はちょっと彼方此方のサイトを見て回りました。

そうしましたら、マガジンサミットと言うサイトに子供の発明クラブがあるとの記事を見つけました。

ソニー創業者の故・井深大氏が1974年に創立したクラブだそうで、子供達の様々な発明品が紹介されています。
そのなかには特許をとり、商品化されたものもあるのだそうです。

 

少年少女発明クラブHP http://kids.jiii.or.jp/

 

【忘れ物防止装置 傘お化け】
2006年に富山県(当時・小6)が特許取得した発明品【忘れ物防止装置 傘お化け】等と言う者は、傘の置忘れを防ぐため
の物だそうで、人が近付くとセンサーが感知して自動的に傘が開き、傘「カサもった?」と教えてくれるものだそうだ。

この発明を始めた事で、学校での人間関係に悩んでいた状態から脱却できて全国に友達ができ、学校だけが世界ではないと知り救われたのだそうだ。

【ケミストリークエスト】
2011年に神奈川県の(発明当時・小3)が12歳で社長として会社を設立し商品化したカードゲーム【ケミストリークエスト】ケミストリークエスト株式会社と言うのがあるそうです。

元素記号を使ってみんなで遊べるカードゲームが欲しくて、小学3年生の時にパソコンで作成した。水素、炭素、酸素、窒素の元素カードを使って、二酸化炭素や水などの分子を作っていき、その数を競い合うという2人対戦のカードゲームだそうです。

このように、発明の世界が自分の世界である人は世界中に沢山居て、日本の教育では、人と違うと言う発想など、なかなかその素質を伸ばしにくい環境かもしれません。

子供の頃にこのような事などで、自己主張が出来る様な教育になったら、虐めなどの小さな世界での問題が減るのではないでしょうかしらね。

世の中は思考して物を作る方の人と、それが苦手で作られた物を買う方の人が、いるから巧く行くのかもしれませんが!

何でも満ちたりてしまうと、余り思考して物を作る人が減っていくかもしれませんね。
せっかく人として生まれたのですから、何かしら良い事で頭と手は使わないと、どんどん進化=退化してしまうかもしれませんね。
一部の人以外は、ホモサピエンス発生時に戻ってしまったりして・・・。では素晴らしくて楽しい動画を見てください。


素晴らしい手作りの発明2017 ...


芸工大生の卒業制作「書き時計」、ネットで話題に


cuboro cugolino Kugelbahn "impulse"

色々な物が沢山ありますが、馬鹿馬鹿しいような事の中から、素晴らしいものが生まれたりするでしょうね。

誰だったか有名な科学者もそう言っていましたよね。