ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

(@(゚m゚;)@アレマッ!夢のエネルギー核融合発電!

人口増加を続ける地球は、今やなくてはならない電力エネルギーのニーズがどんどん高くなっている。
しかし、生活に必要な電力などのエネルギーをどのように確保するのかが重要な問題となってきた。と今更問題にって思うのが、私は問題じゃぁないかとも思うんだけれどね。

我が家などは賃貸アパートですから、もうガスなどは給湯用のガスだけで、ストーブさえも使えなくて全て電力。長期停電などしたら、命にもかかわる状態ですね。

電気を作る方式には、主に火力発電、原子力発電、水力発電が用いられていた。しかし、一般人は知らないけれど、まぁ供給する現場の人達には原子力発電のデメリットも十分理解されれいたでしょうね。今思えばなのですが.....

未来の発電技術として研究が進められているのが、核融合のエネルギーを利用する「核融合発電」だと言われている。
海水を燃料にしてエネルギーを生みだし、環境に与える影響も非常に少ないという核融合エネルギー技術って、どんなもの?って思ったのでわかる程度で調べてみた。

何でも良い事ばかりではないはず。中国の事を大気汚染問題で文句言っているけれど、原発事故や、その後の処理の事考えたら、一概に文句言えなかったりして!とも思ったりもした。

人は勝手だから。特に権力持った人はの多くはなんとでも良い訳方法のネタ帳を持っているように思う。
それで、どんな課題を抱えているのか、Kurzgesagt – In a Nutshell のムービーにまとめられているのを見つけたので、まずは見てみた。

ちょっと長いのですが・・・ざっくり気分で見ると良いですね。


プラズマの制御と核融合発電 山田弘司


【世界初】日本が海水からレアメタル・リチウムの抽出成功 核融合発電の資源として利用可能

 


テクノ・ギャラリー (3)夢のエネルギー!?「核融合」

 何時の事だったか、ニュースで日本近海でレアメタル・リチウムが.....と言うのを見たが、その時は意外とさらっと流したニュースだったので「ふぅ~ん!」と思っただけで、だからどうなるのかまで考えが及ばなかった。

TVも受け狙いが主目的なのか、センセーショナルな事件や、芸能ニュースは繰り返し放映するけれど、そうでない事は実に『一応ニュースを流したよ』みたいな取り扱いが多いように思うように感じる。

 そして、今になってちょっとゆっくりどういうことなのか、実現可能な物なのか調べてみる事にした。こういうことをチラッと書くにも、まずはある程度自分の頭の中を整理して、調べまくって・・・ですね。で多分多少は判ったかな?と思ったので、書いてみたのですが。。。

私見が入ると思うので、多少ぶれるかもですが、ざっくりとまずは簡単に言うと原子同志がぶつかって新しい原子ができる反応を核融合反応(太陽が長期にわたって輝き続けているエネルギー)

その太陽と同じ核融合反応(エネルギー)を地上で作りましょうと言うのが「核融合発電」という事でしょうか?

現在エネルギー源は、石油・石炭・天然ガス化石燃料)や原子力ですが、資源の量には限りがあり、いずれは使い果たしてしまうもの。そして地球温暖化や大気汚染や放射能と地球の環境を想定外のスピードで破壊している。
次世代エネルギーは「核融合!」と言われている。

燃料は、世界中の海水の中にいくらでもあると!更に地球温暖化や大気汚染や放射能等の問題もないらしい。2つの原子どうしを融合の為には、高い温度で激しくぶつかりあうことが必要なのです。
(高い温度の原子が、速いスピードで動くのです。)

 

あるサイトで男女の恋愛を例えて書いてあるのには笑ってしまった。余りに可笑しかったので、ちょっと転載させてもらいます。多分著作権問題には引っかからないと思うのですが!大学生が以前書いた?  宜しく m(_  _)m

******************************

核融合の反応は私たち人間の恋愛にあてはめることができます。

→恋愛で、恋人同志つまりカップルが誕生するには、
 あつくあつく燃え、激しくぶつかり合わなければなりません。

これと同じように、

核融合反応で、原子核同志が融合するには、
 高い温度で、ぶつかり合わなければなりません。
さらに、

エネルギーをたくさん得るためには、それだけ多くの核融合反応を
起こさせる必要があります。

いったい、どうすれば良いのでしょうか?

恋愛では、男女が「たくさん」、「長い時間」、同じ部屋に居れば、
カップルが誕生する可能性が高くなります。

核融合の燃料である原子を、「たくさん(密度)」、「長い時間」、
一緒に閉じ込めておけば、核融合反応がたくさん起こり、たくさんのエネルギーが取り出せます。

カップルをたくさん誕生させるには、

 
男女がたくさんいて、
男女が長い時間一緒にいて、
男女が激しくぶつかり合う、
と良いのです。これと同様に、
核融合反応をたくさん起こすには、

 
原子がたくさんいて、.....................密度
原子が長い時間一緒にいて、.....閉じこめ時間
原子が高温でぶつかり合う、.....温度
と良いわけです。

と非常に判りやすいですね・笑 こういう感覚は私は好きなのです🎶

******************************

研究開発はまだ世界中で、やっている途中なのだそうです。原子を一緒に閉じ込める容器をまずは発見しなくてはならないのだそうで......

スピードのたいへん速い原子が、閉じ込め容器の内側にたくさんぶつかり、壁を傷めるので、最先端の材料を用いた容器でさえも、かなり頻繁に容器を取り替える必要があるので、それをまずは研究中だそうです。でもそれまではどうするのか日本は?ですね。皆で協力して原発再開にならない様にが良いと思うのですが・・・

東日本大震災後しばらくは電気を計画停電の体験をしましたが、また「大丈夫なの?」と思う位に異常に明るく電気使いすぎの店などや、家庭でもルーズに使っていると思うのです。あの節電の時の控えめな明るさでも、慣れたら十分な明るさだったと思うのですが?何で継続しなかったんだろうと、我が家は未だに更に使わないコンセントは抜いたり、水の無駄使いもしていない。

こういう時の意識は、海外で暮らし、色々な国の人と話したのが役に立っている事ですね。とうっかり経験談など言うと「何さ、海外で暮らしたからって偉そうに・・・」って思われるから、余り言えないのですが.....。