ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

センテナリアン(centenarian)


NHKスペシャル 2016年10月29日 161029 あなたもなれる健康長寿 徹底解明 100歳の世界

センテナリアンとは、100歳以上の人物のことである。
更に110歳以上の人物を指す『』スーパーセンテナリアン』は、センテナリアン1000人につき約1名しか存在しないそうで、115歳以上となると非常に稀な事で、現在まで記録されたのは50人弱。

国連合発表では2009年、世界中に推計45万5000人のセンテナリアンがいると発表した。

アメリカ合衆国は2010年9月1日現在、センテナリアンの人数が世界最多で推計70490人。これは国民4400人につき1人。

日本はアメリカ合衆国に次いで2番目にセンテナリアンの数が多く、2012年9月現在、推計51376人

短期間のうちに数が倍増。国連の人口統計学調査によると、2050年までには272000人に上ると予測されているそうだ。
しかし、100万人に達するとの試算もあるといわれている。

人口100000人当たりの数は34.85と日本が一番センテナリアンの数が多い。
最新推計 (年)が数年差があるので、微妙に数値は変化するが、減る事なく増えて居るそうだ。

確実な証拠がある中の最長寿記録(2017年5月2日(時点)は、フランス人女性、ジャンヌ・カルマン(1875~1997)122年と164日。

 


【衝撃】実際に長生きした達人の特別な方法5選!!

 これだけではなく

 110歳以上の「スーパーセンテナリアン」もいる。

100歳以上の高齢者は(2016年の厚生労働省の調査日本に6万5000人以上)が、50年前の日本には約200人だった。

さらに地域別ではイタリア、ギリシャ、日本(沖縄)が、世界5大ブルーゾーン(健康で長生きする人が数多く集まる地域)の中の3つを占める。これらの地域には、90歳、100歳以上の長寿者が集中している。

米国の調査機関によると、現在、世界で300~450人いる、110歳以上のスーパーセンテナリアンのうち、公式文書でそれが証明できるのはその約10%だという。

現時点で、確かな資料で証明ずみのスーパーセンテナリアン43人を抽出すると、その中の42人は女性である。長寿化の推進者は女性で女性の割合が圧倒的に高い。43人中21人は東洋人。白人17人、ヒスパニック系3人、黒人2人である。
どのような要素が長寿につながるのかは現在、研究の途上で特定するのは難しいが、遺伝的要素、文化、住環境、食生活といった複数の要素がからみあって、その中で「遺伝的要素」はひときわ強いとされる。


生涯卵1日3個で117歳まで

少し前に世界最高齢の女性が死去 最後の1800年代生まれ(117歳)が他界したニュースを見たが、今では約5カ月年下で鹿児島県喜界町の田島ナビさん(117)が世界最高齢に認定さ多様だが、ごく最近死去されたそうだ。

聖路加病院の先生も他界されてしまいましたね。とても残念に思いましたが、100歳まで生きるのは、結構大変そう。

趣味とか一杯持っていて、遊ぶ楽しみを沢山作って置かないとですね。私でさえそう思うのですから、頑張るのが嫌いな私はあまり使いたくない言葉ですが、『頑張れ青少年』ですね。

直ぐに『頑張って!』と言う日本人が多いけれど、人は十分頑張って生きているのに、まだそれ以上頑張ったら、病気になりそうな気がするので、私はあまり好きな言葉ではないのだが、こんなに長生きするには、やっぱり頑張りは必要でしょうね。

個人的見解としては、まだこの世に生を受ける前の若い卵を食べると長生きできるは、何だかわかる気がする。若いパワーを摂取するのだから、命をいただくのではないかと思う。

リラックス、リラックス🎶を上手にして、楽しく暮らせなければ、スーパーセンテナリアンも忍耐だけの暮らしだったりして、大変だでしょうねぇ~。|