ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

パイロットのいないスカイタクシー

ドバイは先陣を切って、ドローン・タクシーを飛ばそうと急いでいるのだと言うニュースを見たので、早速調べてみた。


ボロコプターエアタクシーの試験を年末に向けて実施。
18個のローターで飛行し、乗客2人を運べるヘリコプターを開発。

最高速度は時速100キロ、最長飛行時間は約30分で、独立した9個のバッテリーが安全性を確保するという。
緊急用のパラシュートが搭載されているが、「必要になることは絶対ない」とボロコプターは断言したらしい。

中国のドローン・メーカー1人乗り「自動運転航空機」イーハン184 の試験イーハン184はシステムの不具合があれば自動的に着陸する設計

ドローンの自動運転タクシー、ドバイで7月から


ドローンの自動運転タクシー、ドバイで7月から

 

アラブ首長国連邦UAE)最大の都市ドバイは、厳しい競争に直面している。まるで世界中がエアタクシーに夢中になっているようだ。

市民の信頼を得るには時間がかかるかもしれない。ドローンの騒音に苦情が噴出する可能性は、いったん度外視している。

ドバイは急ぎすぎているので、より慎重な米国や欧州の規制当局ともっと協力するべきだと主張する。

と彼方此方拾い読みした。
でもこんなのが事故起こして、上から降ってきたらね。土地が狭く建て込んだ街中などは恐ろしいかもしれないが、日本製タケコプターなんてあったら、便利かもしれないと思いましたが、人間の体重を支えるにはあのようなコンパクトなプロペラじゃぁね!

でも改良上手で好きな日本人エンジニアとか、イギリス辺りは面白い物好きだから考えるかもしれない。使わない時は折り畳み式や、スライド式で1/3サイズにコンパクトに出来たりして・・・炭素繊維利用で色々な物が出来るからね。日本の若者たちも、あって当たり前にならずに、良い意味では研究開発に励んでほしいなぁ~。
と私も他力本願だけれど、やっぱり若者に期待したい。

余談になるけれど、たまにやる4チャンネルの飛行機人間?の番組などは、私は大好きで見ている。アナログが飛行機が楽しいものね。生物の中で、唯一どの生物よりも優れていると思われるのは、人は手が器用に使えるという事ですから、大いに使うって、何か物を作るべきだと思うんだけれど・・・。

The minute a man ceases to grow, no matter what his years, that minute he beginsto be old.
(人が成長を止めた瞬間、それが何歳の時であれ、それが老化の始まる瞬間である)

って言う言葉がありますから、皆アンチエイジングのサプリを飲むより、しっかり思考して老化を進めない様に、発達した科学も最初は実にバカバカしい様な発想から生まれた事が多いと思うのですね。

無駄な争いごとに使わず、エネルギーを地球環境をよくする事など、良い方に使わなければ意味ないんだけれどね。
それを考えるのも人間ですね。意味の無い破壊行為等に使わずに、きっと中途半端に頭が良かっただけの人なんでしょうね?