ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

短気でキレやすくなっているのは気候のせい?時代のせい?

今日は今ATP1000(Barclays ATP World Tour Finals)男子プロテニス協会(ATP)が主催するATPワールドツアーの年間最終戦として行われる大会。レースランキングなどにより上位シングルス8名に出場権が与えられる。

試合方式は選出された上位8名がグループAとグループBに分かれ、1次リーグをラウンドロビン方式(総当り戦)で行う。各グループの上位2名が決勝戦に進出できる。
2017年08月12日 20時30分 (Sat) ※現在、夏時間(サマータイム)期間中サマータイム実施時は-13時間 LIVEで見ている🎶

今日はシャポバロフの話ですが、この選手の名前を知ったのは、デビスカップ(杯)の試合中(5日)ワールドグループ1回戦の英国戦サービスをブレークされたことへの怒りからボールを強打し、審判の左目に当ててしまった。
で、7000ドル(約78万円)の罰金処分審判は治療が必要となり、同選手は失格負けに。カナダは英国に対戦成績2勝3敗で敗れた。って事で覚えた名前。

 


【テニス】A・ズベレフ VS D・シャポバロフ 新鋭対決 ATP1000モントリオール 準決勝ハイライト
画像が削除されたので、違う動画をUPです。体が大きな選手が多いとコートが小さく見えますね。

イスラエル出身と言うから、移民したのでしょうね。
この選手だけでなく、最近のスポーツは、昔よりも何だか攻撃的なシーンを見る事が多くなった。

巧くいかないと、ラケットを叩きつけたりとか、戦争や内乱やテロなどからしたら、全然問題ない様な話かもですが、態度が攻撃的すぎるのでは?って思う事を度々目にする。

スポーツは凄く楽しく観るのだけれど、一瞬「えっ!」って思ってしまう時も・・・

勝敗を決めるものは、戦いではあるんだけれど、自分の精神をコントロール出来ない選手が増えて来たようにも思える。

その他のスポーツもです。テニスなどは完全に短気速戦型に変化したようだ。昔のように、ぐっとこらえてストロークを繋げてチャンスを待って!なんてシーンは見なくなった。

世の中乗り物もですが、何でも早くが求められるようになってきているのですね。
そりゃぁ早いに越したことは、ないのかもしれないけれど、もう少しゆっくりの楽しみも、大事はないかと思うんですけれどね。
何処まで早く成れば気が済むのでしょうかね。

外国人の多くは、日本人よりもかなり緩いと思うのですが、その人たちでさえ、せっかちになってきている。

海外も主要大都会は忙しないのは、日本と変わらずの様ですが・・・
忙しないと、生き物に対して無関心になりがちですね。

年寄りも、自分の事ばかりに目が行き、体の動きが自覚しているよりも鈍くなってきていると、物事が捗らなくて、気ばかり焦りがちになっている人を見かけると「あれは自分もだわ!気をつけなくちゃぁ~」と思うようにしている。

しかし、今持病その他の事情で、嫌々ながら健康管理もして、自分なりに元気に過ごそうと思っているのだけれど、出歩いたり、スポーツなどが出来なくなったせいか、スポーツ番組を以前より見るようになった。

やったつもりの代償行為でしょうかしらね、まぁ多くのギャラリーと同じように、評論家は言いたい放題で・・・選手たちはどれほど楽しみや、自分の時間を削って努力しているかと思うと、偉そうなこと言えないんだけれどね。

やっぱりスポーツの外国人選手の体の動きは、筋肉の質が違うのか、しなやかですね。

これに対抗するには日本人ならはでの、何かを見つけないとですね。真面目に練習と努力は誰でもやっている事でしょうから、まずは自分の体の質を見て、どう使うのかがテーマでしょうね。
とこれまた偉そうに言いながら、見ているのですが・・・ニュース見ると、高齢者もキレやすいような事件多いですよね?(気をつけようっと!)