ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

不思議な星地球

私たちは地球と言う星のほんの一部に暮らしていますが、その地球をどのくらい知っているかと言われると、ほとんど何も知らない事が多いのではないでしょうか。

今地球は温暖化で、色々な気象現象に振り回されていますが、私が中学生の時の理科の教師に「地球は氷河期に向かっている」と聞いた。

暑いのが苦手な私は、涼しくなるのは、嬉しいといったら、私達世代が生きている間は、まだ途中段階で、あまり自覚出来るものではないと聞いた。

氷河期に向かうという事は、徐々に都合よく気温が下がるわけでなく、途中ではヒートアイランドなども多く起きるらしい。

そして、今北極やグリーンランドなどが氷がドンドン溶けて来ている反面、南極では氷が増えているそうである。

南極側の事は遠いので、あんまり詳しくは判らないんだけれど、ハッキリわかっているのは、余りにも小さな世界での事ですが、確実に夏が長くなり、熱帯夜が増え、本日もエアコンを入れる時間が長くなってきて、朝からすでにエアコンの中である。

そして、非常に雨が少なくなってきた。

北半球の話としては、寒暖の差が激しく、熱波に襲われたり、物凄い大雪が降ったりになってきている。で、私は「約半世紀過ぎて理科の教師の言う通りがちょっぴり見えてきた」と思っているが、想定外に速いスピード!とも思っている。

そこで、この問題に関しては、実に色々な説が出ていて、どれが本当だか訳わからない情報が氾濫して、それを又TVなどが興味津々で見るようにあれこれやり過ぎなので、此処で皆考えなくなってしまうのが、日本人の特徴でしょうか・・・

しかし、世界の学者は地球を知るべく、危機があるなら上手に回避するべく、地道に失敗も繰り返しながら研究しているんですね。

学者さんは偉い!って思いますね。時には誤解を受けて、一生懸命研究した結果を、ボロクソに言われることもあるでしょうからね。

で、あれこれ見た結果私はこの動画2つは興味深いと思いました。

●地球が氷河期へ突入し世界が凍り付く… NASAが撮影した画像

youtu.be

 

●海はどれほど深いのか?未知なる領域

youtu.be

 

北極に近いグリーンランド周辺と言うと、物凄く遠いようですが、多分天文学的に考えたら、日本も関わっている所だと思うのですが?

海水温が上昇すると、藻が増殖して、真上から見ると海は黒っぽく見えるそうです。すると、そうでないところのように、太陽の熱を遮断してくれずに、吸収して海水温が上がってしまうのらしい。

すると海の水はジッとしていませんから、海流などでかき回されて、生態系も崩れてくるし、台風の発生位置も変化するし、蒸発した水分増加で、大雨になって降って来る。と言う事になるのですね。

地球の磁場がSとN極2点だったのが、4点になってきたとも言うのも興味深いですね。

日本は国民一人あたりの二酸化炭素排出量が「世界平均の2倍以上」だと言われています。そして国全体の二酸化炭素排出量も世界のトップクラスだといいますから、なにかせねばですよね。

で、結局は問題が大きすぎるので、私は凄く小さな問題ですが、個人的には、生きている間は極力エコ暮らしをしようと思っって、ただいま実践中。

暑さに弱いので夏のエアコンだけは、どうする事も出来ないので許していただくことにして、その他は早寝早起きですから、あまり電機は使わないでしょうし、お風呂苦手なので、シャワーしか使わない。
等などささやかにエコに励んでいる。

ゴミは目標以下の1日灰にして一人タバコの箱1箱分以下だと思われるし・・・

他人ごとのようですが、生物はまだ未知の部分が多い海などの(水)に支配されるのか、それとも空の方の太陽(火)に支配されるのか何方でしょうかしらね。その両方の間で巧くバランスを取って暮らしていくしかないのでしょうが。。。恐ろしくもあり、興味深くもあり、それにしても地球は不思議な星でもありますね。

と私だけかもしれませんが、毎日不思議に満ちているのです。

 

読んでくださっている方がいらしたら、誤字脱字・変換ミスが有ったら、まぁ許してください。勘ピューターで翻訳して読んでください。
最近そのチェックが多いのです。突然フォントサイズが一部変わっていたり、修正をしていると、書くのが嫌になって来るので・・・

何たって暇つぶしの雑記帳ですので、宜しくおねがいしま~す。