ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

無人島がゴミだらけ

今朝ネットのニュースで、太平洋の無人島に「世界最悪」のプラスチックごみ集積というのを見た。

無人島にゴミが凄いと言うのは30年以上前からのことで、私はマレーシアの無人島に子供が夏休みの時に行った事がある。(マレーシアは最近ニュースになりましたが、美しくて穏やかで、暑くても良い雰囲気と思っていましたが・・・)

漁船が空いている時間にチャーターして、ランチの魚を釣りながら行き、無人島で焼いて食べると言う計画だった。

無人島だから、港も無く船が行けるギリギリの所で下船して、海の中を歩いて島に上陸するのだけれど、猟師さんは観光客を案内する度に、島の掃除をして、ゴミを持ち帰るのだそうだけれど、物凄いゴミの漂着物だった。

そして、私から見たら綺麗な熱帯魚が泳ぐ海だったが「物凄く海が汚れて、魚が減って問題だ」と言っていた。
「へぇ~!」と思いながら聞いていたが、空き瓶やビニール袋や、つり道具の一部、タイヤ等々本当に海岸はゴミだらけだったのを思い出した。

今回のニュースは世界遺産英豪の共同研究で、南太平洋の無人島に集まるプラスチックごみの密度が世界最悪だと明らかになった。便利な世の中になるほどにゴミの量が増え、分別も大変になってきている。

そして、解決策として、ケンブリッジ大学の研究チームは、ハチの巣の蜜蝋(みつろう)を食べるハチノスツヅリガの幼虫が、プラスチックも分解できると発見!

「ワックスワーム」と呼ばれる毛虫(ワーム)は蜜蝋を分解すると似た方法で、プラスチックの化学結合を分解できることが判明。

世界では毎年、約8000万トンものポリエチレンが作られ、買い物袋や食品の包装などに使われる。ポリエチレンが完全に分解するには、何百年とかかるそうだけれど、ハチノスツヅリガの幼虫は、1時間弱でプラスチックの袋に穴を開けることができるのだそうだ。

でも、今度はその虫が増えすぎて、他の害が出てくるという事ってないのでしょうかしらね? 何でも物事は良い面だけではないですからね?
このニュースで、美しい南太平洋の無人島風景が、一寸文明の垢が付着して、汚れたイメージになってしまったのですが・・・

昔は未知の世界がいっぱい有って、そんな事が書かれた本など子供の時にワクワクして読んだ物だが、今はドンドン科学で解明されて、これからの子供などは益々、何でも当たり前に知っていて、感動が少なく育つんでしょうね。

いやいや、自然の大きさや新たな現象は、底知れない物なのかもしれないでしょうかね?心の問題で、何歳になっても、身近に不思議は沢山まだありますね。でも世界中が何が美しいのか、そのところにしかない美などは保存して欲しいし、それを継承して、大事に保存もして欲しいなァ~とも思う。

反面、科学の発達によって、とんでもない疫病などの大流行などは、ネットの発達などにより、教育も行き渡る所が増えて、衛生的になり? 減ったのかしらね?