ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

観葉植物はジャングルにはいくらでも生えていた。

南の国でショックだったのは、日本では観葉植物として売られている植物が、その辺りに適当に生えている植物だったことだった。
日本人のママ友の家が、ジャングルの中の道を暫く歩くとあったので、私もたまには遊びに行った。

植民地風の建物で、セミデタッチと言う、2軒で1軒の建物になっている。
庭もついているし、大体はちょっと広い側溝があり、鉄の門扉が付いていて、玄関まで行く作りになっている。突然の大雨の時の水が流れ込むようにの側溝のようだし、防犯対策でまるかもしれない。

途中の道のジャングルにも、友人宅の庭もブーゲンビリアが1年中咲いていて、日本の植物園の温室の中みたいなのだ。
でも全部勝手に生えていたもので、ポトスなどは商店街の街路樹に絡みついていて、っぱがやたらに大きい。掌を広げた以上に大きな葉っぱなのだ。

茎も太くて、全然可愛くない。日本人が高いお金出して買う観葉植物は、弱弱しくて、今にも息絶え絶えの物に見えるが、そう言う弱弱しいものが、日本人は好みなのかもしれない。人間もやせ形でしんなりした、女性がモテますものね・笑

観葉植物も、結局は高温多湿の気候の中で、ジャングルの中みたいなところで、生存
競争激しく生きている方が、同じ植物でも生き生きして健康なのかもしれない。
最近は日本も温暖化して、昨夏の様に酷暑でなく湿度満点だと、観葉植物は元気だった。しかし、暑い国の植物でも乾燥が好きな植物は今一でしたね。

大きな有名な蘭園もある植物園に行ったが、もう当たり前だけれど蘭だらけ!
私も花や植物が好きだけれど、今一つ蘭の花はそんなに好きではないので、ざっく
り見て帰って来たが・・・

イギリス人の友達の家は、やっぱりセミデタッチの家だったが、バルコニーのパーゴラの隅に野鳥が良い塩梅に巣を作り暮らしていて、バルコニーでお茶飲みながら鳥の生態
観察が出来た。
ブーゲンビリアが、藤棚みたいに絡みついて木陰を作っていたし、食虫植物を上から垂らしていたのも笑えた。それは意図的に垂らしたそうですが。。。

ブーゲンビリアは、花びらみたいに見えるピンクや赤い所は葉パで、中にある小さな白いものが花だそうだ。 アジサイと同じですね。しかし、緑がいっぱいなんだけれど、私は森は好きだけれど、ジャングルは今一つ好きではない。

やたらにカタツムリ系の何とかマイマイが沢山居るし、虫類は蟻以外は皆大柄で・・・
高層に暮らしていても、蟻とヤモリは同居ですしね。
そこで暮らしている時は、室内にプランターは置く気はおきなかった。熱帯植物も、しゃれているのは、多湿好みではないようなのが好きで、探してみたが見かけなかった。それ以来帰国しても観葉植物は買わなくなりました。