ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

一度だけ行った夏休みの旅行

 

約4年間暮らしていた南の国で、子供の学校の長期休みには、一度だけ隣の国の島に旅行に行った。 情報は何もなくて、同行した夫の仕事関係の知り合いの夫婦と赤ちゃんが一緒だったのが救いだった旅行である。

宿泊は3泊4日の旅行である。情報はとにかく海が綺麗とテニスが出来るというものだけだった。 それでも、我が家は子供が夏休みなどであっても、出張が多い夫はどこかに家族サービスで出かけるなんて、2~3回あったかなぁ~の家なので、子供は訳も分からず大喜び。

私は嫌な予感しつつも、まぁ旅行だしぃ~と準備した。3泊4日と言っても大きめボストン1個で十分の旅。人の少ない小島だというし、何処行っても夏だし、宿泊はバンガローと言う名のベッド3個にトイレとシャワーだけの木の家で、ソファやテーブルは家の外のデッキにあるベンチとテーブルのみだった。食事だけは、ホテルの簡素なロビーわきの食堂に行くのだ。

夏休みだというのにホテルはガラガラだった。そこに行く飛行機も10数人乗りの双発機で、プロペラの音がやたらに賑やかで揺れる飛行機で、初めて酔ってしまった。

でもフライト時間は短く着いた飛行場は、ただの原っぱに、木の小さな小屋が飛行場の事務所だった。
ホテルから迎えの車が来ていると言うので乗ったけれど、TVなどで見る未開の地の乗り合いバスみたいに、小型トラックの荷台がベンチになっているだけで、凄いスピードでジャングルの中を走って10分くらいでホテルへついたが、粗っぽい運転に木のベンチでお尻が痛くなった。どうも、南の国の人の運転は荒っぽくて、スピード出し過ぎが多いようだ。
お客は一緒にトラックに乗った私達以外には白人の家族一組だけだった。

夫の情報で当たりだったのは、言われた通りそのまんまで、綺麗な熱帯魚が泳ぐ海と、ひび割れたコンクリートのテニスコート2面だけ、後は全く何もない。TVも無い、ラジオもない。夜の食事は、隣の席はなんだか肉を焼く時に炎が舞い上がるパフォーマンス付きディナーだったが、私たちは夫の意見通りに、行った先のローカルな食事をするのが一番の観光と言うので、3夜ともカレーだった。

連れの夫婦の奥さんは、物凄くご機嫌斜めなのが見て取れたが、私や子供は余計な事を言うと何十倍にもなって返ってくるので「休みに旅行に来ただけ、まだまし」と無言。
考えようによっては、めったに出来ない、原始的暮らしの体験旅行だった。

さすがに気が引けたのか、2日目には漁師がアルバイトでやっている船をチャーターして、無人島へ行って魚釣りして浜で焼いて食べると言うものだった。
しかし、一匹もかからず漁師さんが釣った魚を焼いて、食べて帰って来たのだった。本当に無人島で、それもすごく小さな島とは言えないような島で、大声出せば島中に聞こえる程度。それも若い漁師さんが怒こっていたが、観光客がゴミを捨てていくので、回収して戻ってきた。 私はそこの海岸でクレジットカードを拾ったら、連れの旦那様の落とした物だった。

港がないから、ぎりぎりまで接近した船から、途中まで下がっている梯子を下りて、海に飛び降りるのだ。泳げない人は嫌でしょうね。
乗るときは子供は漁師さんが子供をおぶって乗船したが、私たちは梯子までロープ上りでたどり着きよじ登って乗船。

アルバイトの漁師さんは、大学生だそうで、大学のクラスメイトと言う白人女学生と、暇さえあれば、日本人から見たら、ずっとイチャイチャしていると言う無人島行でした。まぁ、珍しいなかなか体験できない夏休み旅行だったともいえる。
子供がまだ何かと文句を言わない年齢だったので、良かったのですが、同行した人の奥さんはずっとご機嫌斜めの旅行でした。

私や連れで行った家の奥さんは、何も知らなかったので、普通のパンツスタイルで行ったので、帰るまでずっと海に飛び込んでの上陸だったので、ぬれねずみ状態でしたが、まぁ真夏の国でしたので、寒くはなかったけれど、気持ち悪い思いもしました。
それも思い返せば、忘れられない思い出旅行でしたね。
まぁそんな思いもしたので、多少の事には更に何も驚かない様になりました。
そうそう、イスラム教徒の居る国のホテルや宿泊所には、部屋の隅の天井には矢印が書かれていて、それはメッカの方向を表す印だと聞きました。