読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのTime killing notebook

昔々、気がつけば更に昔の海外暮らしや旅行などで、見たり聞いたり体験を!所変われば常識も違ったりしてね。  むっふ(=^m^=)♪

海外のトイレ事情

何が違うかというと、彼方此方の国に行って、ありゃぁ~!って思ったのがトイレ事情でしたね。日本では団地というものが出現してからだと思うのですが、急に様式トイレが普及しだしましたが、古くからある一戸建て住宅は未だに昔ながらのトイレも残っています。もちろん水洗だと思うのですが、田舎の方ではまだ浄化槽でしょうかしらね?

 

さて、初めての海外暮らしをした30数年前に暮らした国では、多国籍文化でしたので色々なトイレに出会いました。 外国人住人の暮らす家や、観光客の行く所、植民地式住宅は洋式トイレになっていましたが、公共の場のトイレはトイレドァの下の方の開きが下まで無くて、結構大きく開いていました。
これは治安のためだということで、ホテルとかデパートは普通のドァだったように思います。

このドァの下が大きく開いているのは、その他の海外では度々出会いました。
アメリカなどは、まず公衆トイレがなかったですね。何処か飲食店などに入らないと、トイレは無かったと思います。

日本は気楽に、実にラフな気分で入れますが、海外では治安がよい国といわれていても、暮らしていた南の国などでも、住人であっても、トイレ内で身包みはがれてなんていうことは良く聞く話でした。

そして、その国に居る時に出会ったトイレで、以外だったのは、確かトルコ系の方の家は和式トイレで、とても綺麗なタイル張りでした。

中には和式トイレで向きがドァのほうが前にのトイレもありました。和式で後ろ向きトイレは一番無用心なスタイルですものね。
腸の長い日本民族には、和式トイレの方が便秘にならないそうだとも聞いたことがありますから、トイレ事情もなかなか面白いですね。

 

そして、街中から外れてカンポン(村)といわれる、ローカルな家に行くとトイレが無い家も多いようでした。
かっこよく言えばユニットバス式。 水浴びする大きな風呂桶の横に大きめ溝が有り、そこで用を足した後は桶の中の水をひしゃくやバケツなどで流すのですね。

私は見て説明してもらっただけで、未使用でしたが、トイレットペーパーは置かれていないのが普通のようで? 手動式ウォッシュレットなのでしょうかしらね?
だから手で食事する民族の人は、不浄な手と食事する手が違うのかもしれないと思いました。

さらに、観光で行ったある水上の村のトイレは、村中通路も何処も海の上なのですが、トイレは周囲を囲まれた広い個室ではあるんだけれど、床が長方形に切り取られているだけ! 水洗ではなくて海没型トイレというのでしょうか・・・


魚などが処理してくれるそうですが、そこはシーフードレストランで食事をしていたのです。 とても美味しく頂いていたのですが、微妙な気分になったものです。

ある中国系の人の家は、高床式の家で、家の下は家畜(豚)の小屋になっていて、トイレもやはり、長方形に切られた穴がトイレで、豚さんなどが処理してくれるのだと.....
非常にエコな暮らしとも言えますが、なんだかねぇ~でした。


でも昔は、世界中何処でもトイレなどは、結構外に別にあったりして、今のような水洗の清潔なトイレというのは、歴史的に見ると結構近年のことですね。

後は見た訳ではなく、聴いた話では、たるませたロープが張ってあるだけのトイレだったり、木の葉がトイレットペーパーの代わりに置かれていたり」、穴を掘って埋めてしまう式トイレだったりと色々あって、面白いですね。多分今時そんなと思うけれど、未だそのようなトイレ事情健在ではないのでしょうかね。

広告を非表示にする