読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのTime killing notebook

昔々、気がつけば更に昔の海外暮らしや旅行などで、見たり聞いたり体験を!所変われば常識も違ったりしてね。  むっふ(=^m^=)♪

日本人学校

今年は少し前(大分前?)永六輔氏が他界した。
彼のラジオ番組は時々聴いていたのだけれど、大昔南の国に暮らしているときには
永六輔中村八大と言うおじさんが日本人学校に来てお話をしてくれた」
と子供から聞いた。
海外の日本人学校には、そのようにたまに有名人などが来て、体育館に集まりお話会があったようだ。子供の話なので、どの様な話を聞いた忘れてしまったのだが、確か国際人として生きていくには・・・のような話などされたようだった。

永六輔氏が病気になる前のラジオ番組や、著書を読むと、まぁ難しい内容の話なども易しく興味深く話すので、面白く聴いたり本を読んだ。特に日本人学校に居る児童・生徒は、何時も日本人として恥じないようにと言い聞かせながら育てる傾向にある。
まったく関係なくしている人も居るのですが・・・

日本人のマナーと外国人のマナーは違ったりするから、国際人として暮らすには、自分も気をつけつつ、相手国のマナーも巧く折り合わせながら、上手に暮らさないと、一人が馬鹿なことをすると必ず「○○国人は・・・」と言うことになるからである。


そして、海外駐留家庭の子供は、そのまま日本帰国とは限らず、父親の仕事の都合で何処に行くか判らないで、ずっと彼方此方の国で暮らさないとならない場合もあると、何人なのかわからないような人間になって行く。
そうなると次も海外のほうが良い場合もある。日本に帰国するのが、最も難しいかもしれない。 時には日本の暮らしの事など、まったく記憶に残っていない場合もあるので、定期的に一時帰国したり、永六輔氏達のような人が来て、色々な話をしてくれるのだろう。


人の考えは色々だから何とも言えないのだけれど、私は本も読んだりするくらいだったから、彼らの訪問はなんだか良い話が聴けたのではと嬉しく思った。
それ以外にも、日本から芸能人がやってきて、ホテルで何とかショーなどをしたりがあるのだ。私は行ったことはないのだけれど、行った事のある人から聞くと
「もういっぱいだったわよ。懐かしく聴いてきたわ」
と言うことだった。食事もそうなのだけれど、今は和食ブームと言われているけれど、日本人は他国で暮らしていても、心は日本から抜け出さずにいる人が多いように思われた。

日本人学校と言うのは、日本人でありながら、日本式授業もやるけれど、他にはその国の教育も取り入れてでの授業がある。英語の授業や課外授業などは、日本での授業とは違った授業をする。ハーフの子供も居るので、色々な文化にも触れるチャンスでもある。そして、その頃も思ったし、今も感じるのだけれど、教育の内容に関しては、日本の教育は相変わらず試験の成績はそこそこ良いのかも知れないが、思考する教育は遅れているような気がするのは私だけだろうか?と言うことである。

 

よく言われていたように、子供も帰国子女ということで、中学は日本に帰国してすごしたが、高校は海外の学校で過ごしてきた。小学生で未熟であったにしても、約4年間暮らしで、学校の先生にもこれはおかしくないですか?とはっきりものを言うので、一部の教師には目をつけられてしまったりしたのだ。
良い教育と言うのは、 至れり尽くせりの教育と言うことではなく、もう高校生くらいになったら、世界情勢が今どうなっているのか、日本は今後どうしたらよいのか、しっかりとディスカッション出来るような教育と、語学力を身につけられる様な教育にならないとって、思うんだけれどね。世界の日本などと軽々しく言える今ではないような気がする。
せめて日本人学校くらいまで、開かれた精神であっても良いように思う。

 

で、話の趣旨が急に変わってしまうが、永六輔氏と聞くと、以前永六輔氏の本で読んだ中で、頭の中に残っている言葉があり、今しみじみとそうなんだよねぇ~と思う言葉がある。
読んだ当時は若かったので、ただ可笑しくて笑っただけなんだけれど、今高齢者の仲間に入ってきて思うのは「どこか一箇所だけでも達者ならよい」と言う言葉である。

それは確か体は動かなくなったけれど、口ばかり達者で・・・と言うのに対しての言葉だったと思うが、超高齢化した今は、本当に一箇所達者なら十分元気と言えるのでしょうね。

話がつながらない様だけれど、永六輔=日本人学校=一箇所達者ならと連鎖して記憶が戻るのである。
南の国の人たちは、今はどうであるかわからないけれど、その当時はものすごく短命だと聞いていた。体がスムーズに動かなくなるほど、超高齢ではなかったのは、若くっても暫く暮らすと、南の国人特有の、のんびりのんびり動くようになってしまうのだった。蒸し暑くなった今は、日本も今後は、架の国と同じように体力の消耗が激しくなってきているのかもですね。

 

広告を非表示にする