ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

たまたま見た映画『終戦のエンペラー』

私は映画は大好きだけれど、戦争映画は余り好みではない。あくまでも娯楽として気分転換などに見たいというのが映画と思っているのだが、時々違う映画も見ることがある。

今回無料動画サイトでこの『終戦のエンペラー』を見ることになったのが、猛暑でエアコンを入れていても蒸し暑さを感じて、ダルダルだったので、久しぶりに映画でも・・・と言うので、時々見るようになったのだ。

夏休みだからか、結構面白い映画を数本見たが、なぜか目に残ったのがこの映画だった。そして、嫌なら途中でやめればよいし!と、見始めたのです。

私は以前は天皇陛下には、殆ど興味はなかった。特に昭和天皇には微妙な立場の天皇のように思っていた。
それと共に、日本で暮らしていると、自国なのに不信感も一杯感じる国なのです。

それは多くの事がグレーな感じがするからで、周囲の人たちも多くの人が、曖昧模糊とした会話が多いと感じるからだった。

しかし、海外暮らしを体験してから、少し変わってきて、日本に興味がわいて来たのだ。

しかし、グレーである事には代わりがないのだけれど
まず海外暮らしの一番の絶句した会話は「パールハーバー」会話だった。

聞いた事はあるが、詳しい事は何も知らなかったし、毎年終戦記念日になると、天皇の録音を聞いても、よく判らなかった。

しかし、海外で暮らすようになったら、日本びいきの人もいるが、大量虐殺した記念塔や、彼方此方に戦争跡が残されていたり、敗戦国日本を感じるものが沢山あった。

その後アメリカなどに行っても、良い人もいるけれど、そうでない人も多かった。そんな事があり、何だかもやもやしていたのだが『終戦のエンペラー』を見て、何となくスッキリした。

映画ではあるが、わかりやすくまるっきりのフィクションではなく、要所要所は合っているのだろうと感じる映画だった。

素直な気持ちで見られたのだ。ひとつは昭和天皇はそれほどではなかったのだけれど、今の天皇になってからは、かなり皇室には興味を持つようになり、子供の時から戦争体験をして、皇太子として生まれたばかりに、多くの国に出かけて日本と海外との架け橋になってくれている仕事に一生をささげた天皇だと思った。

皇后陛下も民間から上がり、天皇のベターハーフとして、戦争体験をした、皇后として貢献した立派な人だと思えるようになったのだ。

色々な考えの人がいると思うが、それは個人的な感じ方で、これは私が映画を見て感じた印象だ。

そして、真逆の意味の動画もあるが、きょうUP した動画は、事実としてみても良いのではと思いUPしてみた。

又気が向いたら無料動画サイトで今見られれるので、『終戦のエンペラー』は映画としても良く出来ていると思う。ドキュメンタリーではないのですが...

感想はそれぞれでしょうが!

何となく判りにくかった日本が、どのような国なのか外国人に説明するシーンで、私も感覚的に納得したのです。

そして、戦後の復興が、異常に早く発展した理由もわかった。他国よりも何十倍も早くに発展したと思う。

いまひとつ給食が不味かったのが結構どんどん美味しくもなっていったのも、ついでに思い出したのです。

本来なら飢えて何であれ文句など言えないのに「給食がいまひとつ不味かった」などと思ったのを今頃反省したりして・・・。

途中からは給食大好きでしたけれどね。その辺りの事には、このような事情がと判った映画でした。

皆さんは良く理解されていたかもですが、私は本当に海外で暮らすまでは、ただもう戦争は終ったんだからと言う事と。絶対にやってはいけない、恐ろしい事と言う意識は、海外映画から学んでいたくらいでした。

洋画は必ずと言ってよいくらい、チラッと戦争問題が出て来る物が多いですよね。

     ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

終戦のエンペラー
終戦のエンペラー』(しゅうせんのエンペラー、原題英: Emperor
第二次世界大戦終戦直後の連合国軍占領下の日本を舞台に、昭和天皇が戦犯として裁かれることをいかにして回避したかを、フィクションを交えながら描く。

商業映画としては初めて皇居敷地内での撮影も許可されている歴史コンサルタントアドバイスイギリス人のピーター・ウェーバーを監督。
客観的に描く為に、日米映画に他国の人も関わったそうです。 


映画『終戦のエンペラー』予告編

       ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 

その他参考に見た動画です。長い目ですが・・・

天皇陛下の『ある一言』がふんぞり返っていたマッカーサーの態度を劇的に変えた!日本の天皇と米司令官との衝撃の出会いと絆とは!?


海外の反応 世界が感動する日本!命をかけてマッカーサーと対峙した昭和天皇!その時歴史が動いた・・外国人驚愕の感動エピソード


昭和天皇とマッカーサーの親交 「元帥の友情を常に感謝して、その健康を祈っている」
天皇皇后両陛下外国訪問


天皇皇后両陛下外国訪問

 

103歳のピアニスト

アレルギー性持病持ちの私は、暑い時や太陽に当たるのも口唇ヘルペスが出たりするので、滅多に外出はしないのだけれど、どうしてもの用事や通院で月1度くらいは隣町まで行く。

サンバイザーに帽子にマスク、日傘などの重装備で、大体が気温が低い朝一に行き、大至急帰宅するのだけれど、電車やバスは9時ごろになると、ちょっとびっくりするくらい高齢者ばかり乗っている。

バスなどの席の譲り合いも、高齢者が同じように高齢者の、足腰が不調そうな人に席を譲る。今は見慣れたけれど、何年か前には、ギョッとしたことが有った。

そして、街中も買い物客もだけれど、パチンコ屋さんは高齢者でいっぱいなのだそうだ。しかし、彼方此方不調は有っても、出歩ける元気な高齢者だけ見ているのだから、不調で寝込んでいる人も居れたら、凄い数だろう。

若者も吃驚の、元気な人も居るのかもしれないけれど、90歳以上100歳以上の元気な人見ると、まだまだ何十年も元気でいるのだろうか?と却って私はあまり長生きするのもねぇ~疲れそうと思ってしまう。

産まれるのは選べないのだから、寿命は自分で決められたら良いのになぁ~とも思ったりして!

海外ではかなり積極的に、生命について、死についての講演会などが有るし、教会に行くからミサの時などに、自然に死について考えて、受け入れる様になるのかもしれない。

今日の動画は以前彼方此方のサイトから拾ったものを動画で探してUPしました。

若くして死亡する事も有るので、何歳であっても自分の死について考えておかないとならないのでしょうね。

だから、今がそこそこであったら、その時を大事にしなくてはならないのでしょう。

 

         ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞

まずは元気な100歳以上の動画です。

103歳のピアニスト
Colette Mazeは1915年に生まれ、1世紀以上にわたってピアノを演奏してきました。ここで彼女は楽器と彼女の秘密の彼女の愛を成長する古いものに分かち合う。

●Colette joue du piano depuis 100 ans et sort son 4ème album


ピアノ歴は約1世紀 103歳の仏ピアニストが話題に


美術家 篠田桃紅さん「103歳になってわかったこと」


101歳の若返り 糖質栄養素に感謝

あんまり何でも気にしない性質の人が元気な超ご長寿なのでしょうかしらね?

夏太りする私は、一応ホームドクターのアドバイスで、食事制限を渋々しているのですが・・・少々うんざりしているのです。で、勝手に薬を少しづつ減らしているのですね。何だか細かいこと考えずに好きに暮らす方が、ずっと幸せに思って居ます。

 

英国ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏が長寿時代の生き方を説いた著書『LIFE SHIFTー100年時代の人生戦略』には、2007年に生まれた日本人は、107歳まで生きる確率が50%あると試算されているとまで書かれている。

私たちは、今後どう生きていけばいいのだろうか。

ライフシフト100年時代の人生戦略とは?を語る


LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略を読んで

●人は死なない 東大救命医独自の死生観


人は死なない 東大救命医独自の死生観 10Youtube com

 

       ∞  ∞  ∞  ∞  ∞  ∞

で私としては、明治生まれだった祖母に育てられたのですが、お迎えが来ない人は死なないのだと思っています。何歳であってもお迎えが来たらその時が寿命なのでしょう。

出来ればやりかけの物を仕上げてからお迎えに来て欲しいと思うのです。やれやれと自己満足に浸った時なら最高ではないのでしょうが、考えが甘いですかね。

『皇帝ペンギン』の続編『皇帝ペンギン ただいま』が観られるそうです。

結構昔になるかもですが『皇帝ペンギン』と言う、フランスのドキュメンタリー映画を見ました。アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画です。

単純に結構動物物のドキュメンタリーは好きなので、何気なく観たのですが、これが素晴らしい映画でした。フランス映画は映像が美しいラストシーンが素晴らしいものが多いので、好きなのですが、淡々としたフランス語のナレーションも良かった映画でした。

その映画の続編が上映されると言う、ニュースを見たので、見に行けるチャンスのある方は、お勧めかもと思いました。

映画は、前宣伝だけと言うものもありますし、前が良かったから続も良いとは限りませんが・・・

皇帝ペンギンは父親が托卵するそうで、2ケ月位じっと卵を抱いて立っているそうです。母ペンギンは卵を産んだら、食事を取る為に帰っては来ないそうです。

母ペンギンが帰ってくると、今度は父ペンギンが餌を取りに行ってだそうで、食べたものを吐き戻して子ペンギンに与えるそうです。

他のペンギンの子育てとは違うそうなのです。その姿をとても美しく撮ったドキュメンタリー映画でした。

ひたすら飲まず食わずで、立ち続けるペンギンの姿は厳かに見えました。

         ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ペンギンの世界 〜生態及びその他の説明〜 皇帝ペンギン
ナショジオ】「ペンギン・ライフ」より


【ナショジオ】「ペンギン・ライフ」より

 

ドキュメンタリー映画皇帝ペンギン ただいま」 映画予告編


皇帝ペンギン ただいま - 映画予告編

 

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した『皇帝ペンギン

これが昔見た方の映画です。


映画「皇帝ペンギン」日本版劇場予告

 

 

 

          ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

おまけの有名な傑作ペンギン動画です。つい笑ってしまいます。

あの有名なペンギンのGIF画像


あの有名なペンギンのGIF画像 GIF image of the famous penguin