ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

夜の地球写真(光の汚染が​​増加)


宇宙から見た夜の地球/Earth at night seen

夜の地球写真の研究は、人工光が毎年より明るく、より広範囲に成長していることを明らかにした。

と言うニュースを見て、東北地震の後の計画停電を思い出した。暫くの間はデパートやスーパーなども、明るさを落として、何となく妙な感じだったけれど、直ぐにそれに慣れた。

そして、東京は計画停電が実施されて、各家庭も、多分我が家同様節電暮らしをしたはずだと思う。
私はそれ以来、ずっと節電、節水など続けている。

それが続けられるのは、昔、数ヶ国で長期間暮らしたり、やや長期滞在などして、色々な国の人と関わり、色々な家を見たり、聞いたりしたからだと思う。

2012年から2016年の間に、人工的照明の屋外の面積は、年間2%以上増加したそうだ。
調査結果では、明るさの変化が国によって大きく異なり、米国やスペインなど世界の『最も明るい国』の順位は変わらずのようである。

そして、驚いたのは、勝手な想像でしたが、南米、アフリカ、アジアの多くの国がかなり明るくなったのだと言うのに吃驚!暗い様な気がしていたのです。
戦闘を経験している少数の国だけが明るさが低下しているのだそうだ。
光輝く都市の夜の衛星画像はとても美しく見えて、ロマンチックでもありますね。

しかし、人工照明は人間の健康と、環境に大きな影響も与えるのを知っている人は、どのくらいいるだろうか?考えなくてはいけない問題でしょう。

睡眠誘発ホルモンのメラトニンは、特に青色光に反応する。ちなみに私のPCは、夜用に明かりの色を変えるように設定して使っています。
最近の研究結果では、人工光は作物の授粉に脅威であり、夜間昆虫の受粉活動が減少することが明らかになった。
研究によると、より明るく照らされた地域の樹木は、自然光だけの樹木よりも、1週間早く芽を出すことが判明したそうだ。
都会の不必要なくらい明るい照明は、夜行性の鳥の行動を「劇的に変化させる」ことも判明した。と次々に判明してはきている。

欧米の裕福な国では、明るい場所、特に明るい地域では全体的な光の減少が見られたそうである。しかし、変わらず夜が明るい国も多く有り、明るさの増加は研究者が測定できたよりもさらに大きくなっていると考えられるようだ。

光の汚染が絶望的に​​増加していることが発見されたがそれを解決するのはとてもコストがかかることなのだと言う。

都市部をより控えめにすることができ、実際には視界に問題を生じさせないのには『光の量ではなく、コントラスト』が大きく関係しているのだそうだ。眩しい光を減らし、少ない光で視力を改善することは難しくは無いのではないかと思うのだけれど、いかがなものなんでしょうかしらね。
世界中の人が実行出来たら凄いエネルギー節減になるでしょうね。

今回は私はニュースを見て、彼方此方から知識を拝借しましたが、読んでいるうちに思い出した事がある。
もう何十年も前に、猫のブリーディングをするために勉強したことがありました。

普通にしていたら、猫は年2回♀にシーズンが来て出産しますが、商売でブリーディングしている人から聞いた話では、夜も電気をつけっぱなしにしていると、排卵周期が狂って、年3回子供が取れると聞き吃驚した事がありました。その度に子供を取っていたら、体力を失って、可愛そうな事に成るのではないかと思った。その通りであれば、猫だけの問題ではないでしょう。

人工的照明は生き物の体内時計、ホルモン関係に大きく影響するようだと言うのは、すでに何十年も昔に判っていた事です。

それを考えると、生物が健康に生きて行く上では、大事なホルモンのバランスが崩れる事によって、今の様に性犯罪が増えたり、キレ易く予想がつかないような出来事と繋がるような気がするのですが、学者ではないので何とも言えませんが、微々たる事ですが、私はエコ暮らしを震災以来、続行している。

単なる自己満足でしかないかもしれませんが、家の照明も、外の照明も24時間つけっぱなしで、明るすぎる所が多いように思うのだ。更に早寝早起きの私は、光熱費は多分最低の支払いで済んでいると思う。使う所には使いますが、工夫次第で不必要なエネルギーを減らすのは健康も取り戻すのでは?と思うのですが!積極的にエコ暮らししてみると言うのは、いかがなものでしょうかね。

未来型ショッピング

今ではPCが何処の家にもあるように、ネットショッピングの恩恵を受けている人の数は、かなりのものだろう。

世界初めてのネットショッピングは1994年に始まったそうだ。

私も名ばかり東京でも、買い物には不便なところで暮らしているし、余り外出は出来ない持病もちなので、ネットショッピングはかかせない。
それでも、時にはパワーを溜めて、感染症予防の重装備で外出して店のある所に出て行き、あれこれ手に取り眺めたり、店員と話したり買い物を楽しんでくる時がある。

しかし、世の中はどんどんデジタル化が進み小売業界では、デジタル技術と店舗の魅力を上手く融合させた物にチャンスが有りと新しいく開発された店が出来たそうである。
移動式コンビニ「モービーマート」というのだそうだ。

スマートフォンのアプリのボタンを押すと店舗型電気自動車がやってくるのだそうだ。
入り口で、スマートフォンをかざすと入店でき、買い物が出来るらしい。
未来の買い物の形を示す、ひとつの可能性で実装に至っていないし、実現するには人の手が必要とある。

スウェーデンベンチャー企業と中国の工業大学と提携して、この自動運転コンビニの開発に取り組んで、上海ではこの「モービー・マート」の試運転がすでに実際に行われたそうだ。
まだ未来型の新しいショッピングスタイルがどのように変化するかは、どのようになって行くかの研究は初期段階のようである。とこれはまだ考え中と言う事でしょうか?

 

確かに都心地のデパートや大型チェーン店等は衰退しているが、直ぐ近所に店の方からやってきてくれるのはありがたいけれど、この店は自動運転の店舗だし、クリアしなければならない問題が沢山あるそうだ。
それでもこの、自動運転の『モービーマート」に、買い手がついたのだそうだ。

大手ネットスーパーのアマゾンも、実店舗の書店を数件開店させ、食品小売業者を買収し更に店舗展開のメリットを考えているようだ。

実際は買い物には他人との接触がまったくいらない、買い物の提供が未来の姿だと考えられているようだ。商品数は幅広く豊かであっても、スタッフの数はごく僅かで経営する店が未来型の店なようで、すでに中国で150以上の固定無人店舗を運営されていて、更に増えているそうだ。と此処までの話はBBCから得ました。
詳しくはBBCのサイトにあります。
www.bbc.co.uk/news/resources/idt-
sh/disruptors_how_may_I_help_you

その他にも、いまや言い出したらきりが無いくらい、あれもこれもデジタル化して、経費削減にはなるけれど、行き過ぎると一番大事な人の心やぬくもりまで削減されていくような恐ろしさも感じる。

面白い試みのようだけれど、昔農家や漁師さん、玉子屋などがトラックで、団地などに新鮮な品物を売りに来ていた事が有り、利用した事がある、品物のよさとやすさのみではなく、素朴な人柄の売り手とのやり取りも有ったと思うし、何だかニュースで見た過疎化した僻地にはもっとデザインがダサイがボランティア精神の強い人が似たような車で回っていたような?

 

日本では今はルールが増えて、1ヶ所に車が止まってでの販売はルール違反になったので、無くなったと聞いた。しかし、この未来型ショッピングを見て、ちょっと野次馬な私は、他もどんなものか調べてみました。そして、動画サイトで見られるか調べましたら、こんな面白いのが見つかりました。


Tesco Pele - Virtual Reality Experience

 


UK's first interactive virtual grocery store

 


Kinect for Windows Retail Clothing Scenario Video

すでに日本では、スーパーのレジなどは前よりも半分位は、自動支払機に変わっていっているし、何とも味気ないスーパーになりつつあるのは残念だと思うのだけれど、もうかなりの店がこのシステム導入になっている。
買う買わないは別として、物を手にとって見てあれこれ探したり、売り手と会話しながらの買い物はとても魅力的だと思う。これ以上無機質な感じの商売って、どうなんでしょうねぇ~。

さて、それはそれとして、未来型ショッピングスタイルと言うのが、動画サイトで見られるようになりました。
何処もかも、こんな風になったら、どうなんでしょうね?
ちょっと見るのは楽しそうな気もして、ワクワクするところも有るのが、怖いなぁ~♪

 

買い物客は、物だけ買いに行くとは限らないのでは?と思ったりする。顔なじみの店員さんがいる店まで、わざわざ行ったりする事も少なくないのではないだろうか?

ところによりまだ十分成り立っている元気な商店街もありますからね。人は買い物などは値段や便利さだけでなく、活気や会話の温かさを必要として行くのだと思うが、あの魅力的な小売店は継承者無しで、次々にシャッター商店街なっていっているのが増えているのは確かである。

まさかのデパートさえも経営難になってしまったりして、幾ら未来型とはいえねぇ~。
本当に良い、新旧合体した、良い物屋店舗が開発されたら良いのにとおもうのですが、そういうのは開発者は面白くないのでしょうかしらね?
皆がアッと驚く新しい物のほうがインパクトは強いですものね。

確かに動画サイトの未来型ショッピングは、面白かったけれど、こんなになっちゃったらなぁ~と言う感じも.....
出来たら一般化するのは、私が死んでからにして欲しい気がしたのでした。

世界にはこのような感動も...

最近私を含めて、日本人は感動が少なくなってきたように感じていた。もともと民族的に感情の起伏は、かなりひらったい民族なのだと思うのですが、顔の筋肉自体が、あまり動かないようですしね。

だから皴も少なく若く見えるのでしょう。
でも、時には感動の為に、目がうるうるも良いのではないでしょうか? 私は今日の動画は目がうるうるした動画です。

ジョンレノンもこのような場で歌われて、天国で満足しているような「イマジン」ですね。


感動の歌 戦争孤児だった少年が歌う平和の歌「イマジン」(日本語字幕)

他人事ではなく、身近な問題でもあると思いますが、同じような問題抱えている、世界の問題でもあるのですね。


Bars & Melody - Hopeful 日本語字幕

この2人の少年は、結構前に世界で話題になりましたが、未だに苛め問題は解決していないようですが、困ったものですね。

問題は虐められる方でなく、何が有っても虐める方が病んでいると思うのですが!

いかがでしたでしょうか、貴方はこのような動画を観て、感動する派でしょうか、別にぃ~と思う方でしょうか!

でも、今自分には関りのない事かもしれないのですが、他人の行動を見て、少しでも意識することが出来たら、小さな思いやりの愛が増えるかもしれないと思います。

そして、何か困っている人に出会った時、気軽にお手伝いしたり、思いやったり出来るようになれたら、とても素敵な財産になると思うのです。

悪気が無くても、気が付きもしない人も多くなってきたのが、恐ろしいですね。日本でもいじめ問題は低年齢から高齢者まで、もれなくありますでしょうし、このラップの少年の様に、声を上げることなく、命を絶ってしまう若者たちは増える一方です。

海外からの戦争孤児などを受け入れるという事も、少ない?私は身近で見た事がないのです。それどころか国内の東北地震の色々な問題も、受け入れずに居たりします。

日本は次は自分の所が被災してという事もあると言うのに、原発問題も解決などほとんど終息してはいないような...本人にしか判らない問題も沢山あるかと思いますが、このように勇気を出して声を上げて、もっとみんなにアピールもして欲しいと思うのです。

それも動画の人達は、グチグチいっているのではなく、スムーズに共感が得られる方法でが素晴らしいですね。勇気ある人達から、学ぶ事も多いですね。このような動画をを見て、世界には色々な人達が居る事を知るのも大事ですし、PCが一般普及した事は素晴らしい事だと思いますが、反面かならず悪い意味に使う人が居るのが残念でもあります。そして、又発信したものを、きちんとキャッチできる感性が無い人も居る事でしょうが、『ヘルプ!』と発信力を持つ事勇気も必要ですね。