ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りまして全画面で見てくれたら嬉しいで~す🎵

(@(゚m゚;)@アレマッ!夢のエネルギー核融合発電!

人口増加を続ける地球は、今やなくてはならない電力エネルギーのニーズがどんどん高くなっている。
しかし、生活に必要な電力などのエネルギーをどのように確保するのかが重要な問題となってきた。と今更問題にって思うのが、私は問題じゃぁないかとも思うんだけれどね。

我が家などは賃貸アパートですから、もうガスなどは給湯用のガスだけで、ストーブさえも使えなくて全て電力。長期停電などしたら、命にもかかわる状態ですね。

電気を作る方式には、主に火力発電、原子力発電、水力発電が用いられていた。しかし、一般人は知らないけれど、まぁ供給する現場の人達には原子力発電のデメリットも十分理解されれいたでしょうね。今思えばなのですが.....

未来の発電技術として研究が進められているのが、核融合のエネルギーを利用する「核融合発電」だと言われている。
海水を燃料にしてエネルギーを生みだし、環境に与える影響も非常に少ないという核融合エネルギー技術って、どんなもの?って思ったのでわかる程度で調べてみた。

何でも良い事ばかりではないはず。中国の事を大気汚染問題で文句言っているけれど、原発事故や、その後の処理の事考えたら、一概に文句言えなかったりして!とも思ったりもした。

人は勝手だから。特に権力持った人はの多くはなんとでも良い訳方法のネタ帳を持っているように思う。
それで、どんな課題を抱えているのか、Kurzgesagt – In a Nutshell のムービーにまとめられているのを見つけたので、まずは見てみた。

ちょっと長いのですが・・・ざっくり気分で見ると良いですね。


プラズマの制御と核融合発電 山田弘司


【世界初】日本が海水からレアメタル・リチウムの抽出成功 核融合発電の資源として利用可能

 


テクノ・ギャラリー (3)夢のエネルギー!?「核融合」

 何時の事だったか、ニュースで日本近海でレアメタル・リチウムが.....と言うのを見たが、その時は意外とさらっと流したニュースだったので「ふぅ~ん!」と思っただけで、だからどうなるのかまで考えが及ばなかった。

TVも受け狙いが主目的なのか、センセーショナルな事件や、芸能ニュースは繰り返し放映するけれど、そうでない事は実に『一応ニュースを流したよ』みたいな取り扱いが多いように思うように感じる。

 そして、今になってちょっとゆっくりどういうことなのか、実現可能な物なのか調べてみる事にした。こういうことをチラッと書くにも、まずはある程度自分の頭の中を整理して、調べまくって・・・ですね。で多分多少は判ったかな?と思ったので、書いてみたのですが。。。

私見が入ると思うので、多少ぶれるかもですが、ざっくりとまずは簡単に言うと原子同志がぶつかって新しい原子ができる反応を核融合反応(太陽が長期にわたって輝き続けているエネルギー)

その太陽と同じ核融合反応(エネルギー)を地上で作りましょうと言うのが「核融合発電」という事でしょうか?

現在エネルギー源は、石油・石炭・天然ガス化石燃料)や原子力ですが、資源の量には限りがあり、いずれは使い果たしてしまうもの。そして地球温暖化や大気汚染や放射能と地球の環境を想定外のスピードで破壊している。
次世代エネルギーは「核融合!」と言われている。

燃料は、世界中の海水の中にいくらでもあると!更に地球温暖化や大気汚染や放射能等の問題もないらしい。2つの原子どうしを融合の為には、高い温度で激しくぶつかりあうことが必要なのです。
(高い温度の原子が、速いスピードで動くのです。)

 

あるサイトで男女の恋愛を例えて書いてあるのには笑ってしまった。余りに可笑しかったので、ちょっと転載させてもらいます。多分著作権問題には引っかからないと思うのですが!大学生が以前書いた?  宜しく m(_  _)m

******************************

核融合の反応は私たち人間の恋愛にあてはめることができます。

→恋愛で、恋人同志つまりカップルが誕生するには、
 あつくあつく燃え、激しくぶつかり合わなければなりません。

これと同じように、

核融合反応で、原子核同志が融合するには、
 高い温度で、ぶつかり合わなければなりません。
さらに、

エネルギーをたくさん得るためには、それだけ多くの核融合反応を
起こさせる必要があります。

いったい、どうすれば良いのでしょうか?

恋愛では、男女が「たくさん」、「長い時間」、同じ部屋に居れば、
カップルが誕生する可能性が高くなります。

核融合の燃料である原子を、「たくさん(密度)」、「長い時間」、
一緒に閉じ込めておけば、核融合反応がたくさん起こり、たくさんのエネルギーが取り出せます。

カップルをたくさん誕生させるには、

 
男女がたくさんいて、
男女が長い時間一緒にいて、
男女が激しくぶつかり合う、
と良いのです。これと同様に、
核融合反応をたくさん起こすには、

 
原子がたくさんいて、.....................密度
原子が長い時間一緒にいて、.....閉じこめ時間
原子が高温でぶつかり合う、.....温度
と良いわけです。

と非常に判りやすいですね・笑 こういう感覚は私は好きなのです🎶

******************************

研究開発はまだ世界中で、やっている途中なのだそうです。原子を一緒に閉じ込める容器をまずは発見しなくてはならないのだそうで......

スピードのたいへん速い原子が、閉じ込め容器の内側にたくさんぶつかり、壁を傷めるので、最先端の材料を用いた容器でさえも、かなり頻繁に容器を取り替える必要があるので、それをまずは研究中だそうです。でもそれまではどうするのか日本は?ですね。皆で協力して原発再開にならない様にが良いと思うのですが・・・

東日本大震災後しばらくは電気を計画停電の体験をしましたが、また「大丈夫なの?」と思う位に異常に明るく電気使いすぎの店などや、家庭でもルーズに使っていると思うのです。あの節電の時の控えめな明るさでも、慣れたら十分な明るさだったと思うのですが?何で継続しなかったんだろうと、我が家は未だに更に使わないコンセントは抜いたり、水の無駄使いもしていない。

こういう時の意識は、海外で暮らし、色々な国の人と話したのが役に立っている事ですね。とうっかり経験談など言うと「何さ、海外で暮らしたからって偉そうに・・・」って思われるから、余り言えないのですが.....。

 

 

 

 

センテナリアン(centenarian)


NHKスペシャル 2016年10月29日 161029 あなたもなれる健康長寿 徹底解明 100歳の世界

センテナリアンとは、100歳以上の人物のことである。
更に110歳以上の人物を指す『』スーパーセンテナリアン』は、センテナリアン1000人につき約1名しか存在しないそうで、115歳以上となると非常に稀な事で、現在まで記録されたのは50人弱。

国連合発表では2009年、世界中に推計45万5000人のセンテナリアンがいると発表した。

アメリカ合衆国は2010年9月1日現在、センテナリアンの人数が世界最多で推計70490人。これは国民4400人につき1人。

日本はアメリカ合衆国に次いで2番目にセンテナリアンの数が多く、2012年9月現在、推計51376人

短期間のうちに数が倍増。国連の人口統計学調査によると、2050年までには272000人に上ると予測されているそうだ。
しかし、100万人に達するとの試算もあるといわれている。

人口100000人当たりの数は34.85と日本が一番センテナリアンの数が多い。
最新推計 (年)が数年差があるので、微妙に数値は変化するが、減る事なく増えて居るそうだ。

確実な証拠がある中の最長寿記録(2017年5月2日(時点)は、フランス人女性、ジャンヌ・カルマン(1875~1997)122年と164日。

 


【衝撃】実際に長生きした達人の特別な方法5選!!

 これだけではなく

 110歳以上の「スーパーセンテナリアン」もいる。

100歳以上の高齢者は(2016年の厚生労働省の調査日本に6万5000人以上)が、50年前の日本には約200人だった。

さらに地域別ではイタリア、ギリシャ、日本(沖縄)が、世界5大ブルーゾーン(健康で長生きする人が数多く集まる地域)の中の3つを占める。これらの地域には、90歳、100歳以上の長寿者が集中している。

米国の調査機関によると、現在、世界で300~450人いる、110歳以上のスーパーセンテナリアンのうち、公式文書でそれが証明できるのはその約10%だという。

現時点で、確かな資料で証明ずみのスーパーセンテナリアン43人を抽出すると、その中の42人は女性である。長寿化の推進者は女性で女性の割合が圧倒的に高い。43人中21人は東洋人。白人17人、ヒスパニック系3人、黒人2人である。
どのような要素が長寿につながるのかは現在、研究の途上で特定するのは難しいが、遺伝的要素、文化、住環境、食生活といった複数の要素がからみあって、その中で「遺伝的要素」はひときわ強いとされる。


生涯卵1日3個で117歳まで

少し前に世界最高齢の女性が死去 最後の1800年代生まれ(117歳)が他界したニュースを見たが、今では約5カ月年下で鹿児島県喜界町の田島ナビさん(117)が世界最高齢に認定さ多様だが、ごく最近死去されたそうだ。

聖路加病院の先生も他界されてしまいましたね。とても残念に思いましたが、100歳まで生きるのは、結構大変そう。

趣味とか一杯持っていて、遊ぶ楽しみを沢山作って置かないとですね。私でさえそう思うのですから、頑張るのが嫌いな私はあまり使いたくない言葉ですが、『頑張れ青少年』ですね。

直ぐに『頑張って!』と言う日本人が多いけれど、人は十分頑張って生きているのに、まだそれ以上頑張ったら、病気になりそうな気がするので、私はあまり好きな言葉ではないのだが、こんなに長生きするには、やっぱり頑張りは必要でしょうね。

個人的見解としては、まだこの世に生を受ける前の若い卵を食べると長生きできるは、何だかわかる気がする。若いパワーを摂取するのだから、命をいただくのではないかと思う。

リラックス、リラックス🎶を上手にして、楽しく暮らせなければ、スーパーセンテナリアンも忍耐だけの暮らしだったりして、大変だでしょうねぇ~。|

パイロットのいないスカイタクシー

ドバイは先陣を切って、ドローン・タクシーを飛ばそうと急いでいるのだと言うニュースを見たので、早速調べてみた。


ボロコプターエアタクシーの試験を年末に向けて実施。
18個のローターで飛行し、乗客2人を運べるヘリコプターを開発。

最高速度は時速100キロ、最長飛行時間は約30分で、独立した9個のバッテリーが安全性を確保するという。
緊急用のパラシュートが搭載されているが、「必要になることは絶対ない」とボロコプターは断言したらしい。

中国のドローン・メーカー1人乗り「自動運転航空機」イーハン184 の試験イーハン184はシステムの不具合があれば自動的に着陸する設計

ドローンの自動運転タクシー、ドバイで7月から


ドローンの自動運転タクシー、ドバイで7月から

 

アラブ首長国連邦UAE)最大の都市ドバイは、厳しい競争に直面している。まるで世界中がエアタクシーに夢中になっているようだ。

市民の信頼を得るには時間がかかるかもしれない。ドローンの騒音に苦情が噴出する可能性は、いったん度外視している。

ドバイは急ぎすぎているので、より慎重な米国や欧州の規制当局ともっと協力するべきだと主張する。

と彼方此方拾い読みした。
でもこんなのが事故起こして、上から降ってきたらね。土地が狭く建て込んだ街中などは恐ろしいかもしれないが、日本製タケコプターなんてあったら、便利かもしれないと思いましたが、人間の体重を支えるにはあのようなコンパクトなプロペラじゃぁね!

でも改良上手で好きな日本人エンジニアとか、イギリス辺りは面白い物好きだから考えるかもしれない。使わない時は折り畳み式や、スライド式で1/3サイズにコンパクトに出来たりして・・・炭素繊維利用で色々な物が出来るからね。日本の若者たちも、あって当たり前にならずに、良い意味では研究開発に励んでほしいなぁ~。
と私も他力本願だけれど、やっぱり若者に期待したい。

余談になるけれど、たまにやる4チャンネルの飛行機人間?の番組などは、私は大好きで見ている。アナログが飛行機が楽しいものね。生物の中で、唯一どの生物よりも優れていると思われるのは、人は手が器用に使えるという事ですから、大いに使うって、何か物を作るべきだと思うんだけれど・・・。

The minute a man ceases to grow, no matter what his years, that minute he beginsto be old.
(人が成長を止めた瞬間、それが何歳の時であれ、それが老化の始まる瞬間である)

って言う言葉がありますから、皆アンチエイジングのサプリを飲むより、しっかり思考して老化を進めない様に、発達した科学も最初は実にバカバカしい様な発想から生まれた事が多いと思うのですね。

無駄な争いごとに使わず、エネルギーを地球環境をよくする事など、良い方に使わなければ意味ないんだけれどね。
それを考えるのも人間ですね。意味の無い破壊行為等に使わずに、きっと中途半端に頭が良かっただけの人なんでしょうね?