ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りまして全画面で見てくれたら嬉しいで~す🎵

世情とヒット曲の本当の意味

最近は多分世界中(南半球はよく判りませんが)本当に自然災害以外にも、多くの落ち着かないニュースが入って来る。

そして、彼方此方のネットのニュースを見ても、国によって何でもないと思われることが、ある国にとっては犯罪になったりと言う違いも

あるらしいと判った。

普通の事と思われることが、場合によっては普通ではないようだったり、その為に自分はこう思うと言ったことで、投獄されてしまう場合もあったり、明らかにそれは犯罪行為だろうと思う事が、まったくよくある事で終わってしまう場合もあるようだ。

そんな事で、世の中が騒がしくなると、人民戦線運動や激しい政治紛争や、人種分離法抗議から先鋭化する公民権運動などから、ミュージシャン達などが、歌詞に変えて歌って世界中でヒットしたりした曲が沢山ある。
1960年代頃の歌は、私などは上っ面だけ聞いて、せいぜい直訳した程度で、リズムやハーモニーに惹かれて、気軽に歌ったもんである。

その後年を経て来て、世の中が解ってきた年代になったら、あれ?あの曲がみんなに伝えたかったことは・・・という曲が印象に残るようになってきた。


Creedence Clearwater Revival - Have You Ever Seen The Rain (Lyric Video)



そして、最近時間が出来る齢になって来たので、懐かしくオールディズを聞き始め歌詞に込められたメッセージに「あらぁ?」となって来た。

表立って堂々と言えない事を、意味合いを変えて歌詞にして歌っている曲が凄く多いのである。全く意味のないそのまんまの歌詞も多いのですがね。

そして今はもう自由に何でも言える時代になったかと言うと、それが認められない国も多く有ると言う事も解って来た。

自由に旅行などで行き来出来るようになってきたが、気を付けないと何気なく行った先でした言動が、その国の人にとってはマナー違反だったり、タブーだったりもあるのは、やはりまだ変わらないと言う事があるようですね。

そう言う意味では、日本は本当にある意味、思想や意見などに関しては何でもありなのが、又吃驚かもしれない。

凄く自由な国とも言えるし、だから自由過ぎてしまって、じっくり思考したり、その他の国に対して、他人事になりがちなのは、気をつけねばと思った。

海外でのニュースをじっくり読むと、考え方が根本的に違う事に驚いたりもする。

西欧諸国は、又陸続きですから、国交関係は難しいでしょうね。

そんなもので思い出すのは、やはりこのヒット曲「"Have You Ever Seen the Rain?"雨を見たかい」の歌詞の意味合いは今や洋楽ファンなら、彼方此方で訳され解説されているので、有名だと思いますが、ヒットした頃の私は、この他の曲に対しても、ざっくり直訳的に理解していたのを反省しているのです。

雨と言うのがまさかナパーム弾で、雨のように降って来る事を歌っているとは、思いもしませんでしたからね。

I want to know, have you ever seen the rain

Comin' down on a sunny day?

僕は知りたい 雨を見たことがある?晴れた日に降ってくる雨を...

 

歌詞の訳は難しくて、安直に訳されているものも多いのにも、驚いたけれどね。でも昔私はこれを狐の嫁入りって言うのが日本にはあるのに・・・って思って聞いていたのだ。

人の事言えないけれど、日本語が母国語なのに、知らなさすぎな日本人が多いのですね。
母国語さえきちんと判らないのだから、他国の出来事と日本の在り方など、本当に正確には解らず、年中???と調べものばかりしてしまう日々なのだ。

 

ヒアリ(火蟻) fire ant 

アメリカのハリケーンのニュースを見ていたら、日本でも多数発見され女王アリも居たとニュースで見た。

最近チョクチョク聞く蟻なので、ちょっと彼方此方検索してみました。温暖化すれば、当然前から雑記などにも書いていましたが、人間にとって不都合な伝染病や、それを媒介する害虫などが増えるのが恐ろしい。

そして、蟻とはね!!!という感じだったが、まだ感じだっただけでしたが、アメリカのハリケーンでこの蟻の筏が浮かんでいるので危険というニュースをみたので、動画サイトから借りてきました。

猛毒性があり刺されると火傷をしたときのような痛みがある。

ヒアリの特性上、何度も刺すため、1度に何匹ものアリに刺されると
最悪、アレルギー反応が起き、呼吸困難・死に至る可能性。

刺された場合は、まず安静にして自身の体調の変化がないかに注意します。症状が悪化した場合は、すぐに病院で受診と書かれている。

 


 

」ヒアリ「いかだ」、米ハリケーン被災地の脅威に

一応天敵も居るそうなので、それを入れて退治するとかの奉納もあるそうですが、オオアリクイに食べさせるとか、ヒアリを食べるハエがいるとか......

でも現実直ぐ対処にはつながらないでしょうし、これはハリケーンの時筏上になって裏表にアリがいて空間に空気がありそれを吸って生き延びるのだそうです(賢い!)

一番簡単なのは、体が耐水性のある体なので、洗剤をかけて脂分を落とせば溺死するらしいそうですが、死んだと安心するのは禁物のアリだそうで、対処したらなるべく遠くに逃げるのが良そうです。

 

後は徹底的に焼き尽くしてしまうかかもしれませんね。これなら完全撲滅出来そうですが、個人でやるには大変かもです。今のうちに徹底した撲滅考えて欲しいものです。とまぁ、次々になにやら恐ろしい物が現れれてきて、私はやはり季節は本当に苦手な気候ですね。

台風・ハリケーン・サイクロン

昨日はミサイル落下緊急情報で賑わった朝になったが、何とか海に着弾して、やれやれと思った人が沢山居たと思いますが、これは今後もある事の日本の災害の一つになったようだ。

そして、過去からある災害の台風の季節がやって来た。

そこそこであれば、水不足解消とか、秋を連れて来てくれるものとして、けして悪い事ばかりでは無かったのだが、最近は温暖化して海水温が高くなった為に、台風ならずとも大雨などの被害が半端なくなってきた。台風の発生場所も変わって来たようだ。。

そして、25日には米南部テキサス州に上陸した大型ハリケーン「ハービー」は27日までに熱帯性低気圧に変化したそうだが、ヒューストン各地が大雨によって大人の胸の高さまで冠水した。

近年アメリカのハリケーンやトルネードのニュースも年中目にするようになり、その規模の大きさは日本など襲われたら、国中がの規模のようだ。

で、ふと思ったのが、台風とハリケーン、サイクロンってみな同じような感じだけれど、言い分けているのは何故?と思って見てみた。

皆さんは常識として知っているかもですが、私は知らないので、言い分けるには意味があるのだろうという事です。

●台風 (英語でもtyphoonと言い方が違います)
東経180度より西側の北太平洋上に位置する風速17.2m/s以上の熱帯性低気圧。

●ハリケーン
東経180度より東側の北太平洋および北大西洋に位置する、風速33m/s以上の熱帯低気圧

●サイクロン
インド洋および南太平洋で発生したもの

詳しくは気象庁のサイトで見てください。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq14.html

発生するには高い海水温が必要なので、ヨーロッパの方には、無いそうです。

近日中に又日本は台風の影響が出て来るようですが、このアメリカの洪水は、あの体のおきなアメリカ人の胸までと言うのが凄いですね。

高齢者の人達や子供のいる家庭は、本当に大変でしょう。

アメリカも益々色々な問題山積みで、あの大きな国を治めるには、それなりの力と知識、経験がある者がならねば、修めきれないのではないでしょうかね。

やっている事が(身近なスタッフが激しく移動など)かの問題国と、たいして変わらない事やっていない?とチラッと思ったりして.....

そんな国同士が話し合いをして、良い結果が得られるのだろうか?

とハリケーンのニュース見ながら思ったりもして......ミサイル落下に関しても、日本はかなり他国の援助解決を当てにしていないかしらね?

色々な災害は他人ごとでは無いから、もっと自衛策の強化をして欲しいものだと、思いつつTVを見ながら、嫌々健康管理です。
又年末には検診がありますからね。

と出来る自己防衛は自分で何とかせねばと思いながら、今日はデンタルクリニック通院です。