ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りますが野次馬気分で見てくれたら嬉しいで~す🎵

日本人は生き残れる知識がどのくらい?

ごく最近内閣府派からの『核ミサイル落下時には...』のメッセージをTVでチラッと見かけるようになったが、本当にたまにチラッとなのだ。ネットで見ると各市町村のHPなどには、色々書かれているが、その対処法は「なんだかなぁ~そんなもんじゃぁないでしょう」と言う感じだ。 大体『お約束は何でも、自分に都合よく、何時までも守られる』と思っている日本人の暢気さは、もう天然記念物と言う感じがする。

自分自身だってそんなに『約束をきちんと守っているか』と言われたら、かなり努力して、守ろうとしないかぎりは、うやむやになっている人が大部分だと思うのだ。

昔々、色々な国の人と関わるチャンスがあり、度々雑談をする機会があったけれど、サバイバル精神の無い事は、もしかしたらNO1は日本人?と思った。(その時の私の事ですが・・・) 

で、サイバー攻撃とか、色々な問題が急浮上してきた近年ですが、そのニュースに関してもTVのニュースなども、国内事件放送が大部分で、今日本人はどのような意識をして暮らさなくてはいけないかを考えなくてはと思うようなニュースは少ない様な? 何時も他国の色々を『自衛隊がお手伝い』(実際は物凄く危険に晒されていると思うのです)したり日本大好き外国人日本の技術の素晴らしさの番組は多く、日本人は世界から特別に好かれている感を感じてしまう。

でも本当にそれだけで良いの?と不安になる。
まぁなるようにしかならないんだけれどね。そう居直って暮らすのも良しなのだけれど、色々を理解してでの居直りならまだしも、何も知らなかったで済ませるのは、いかがなものかなぁ~って思う。

で、多少の事ですが言葉で読むのも面倒でしょうから、3つほど見ておいても損はないかもの動画をUPしてみた。
ただしフェイクニュースもあるので、気を付けないとなにのですが!

何故か気になっているのがウクライナの大停電問題。日本がと思うと気になっ。
その後の動画の緊急時対策は私はすでに必要な事と準備してあるものが多かったので、UPしてみた。

停戦破綻13 ドネツクの送電線修理は狙撃の危険性 (ウクライナ

 

  ]

     ********

ウクライナの大規模停電、ロシア製マルウェアが元凶か

CNETjapan  https://japan.cnet.com/article/35102635/

ロシアと関係のあるハッカーグループが、変電所のスイッチやブレーカーを直接制御できるサイバー兵器を開発した。ある国の一定地域を停電させ、大混乱を引き起こす能力があるという。

「Industroyer」と名付けられたこのマルウェアは、重要な電力供給を標的として、電力網で使われている産業用通信機器を攻撃する

CNETjapanは
2009年に朝日新聞社がサイト事業を買収、以降は朝日インタラクティブによって運営されているサイトです。

         ********

災害時に役立つかもしれないライフハック15選【東京防災に学ぶ地震など災害対策の知恵や工夫】

 ]

[防災・減災マメ知識]災害時 集団パニックにならないために(2014/1/27 放送)

]

まぁ暇つぶしに見てみてください。

 

不思議な星地球

私たちは地球と言う星のほんの一部に暮らしていますが、その地球をどのくらい知っているかと言われると、ほとんど何も知らない事が多いのではないでしょうか。

今地球は温暖化で、色々な気象現象に振り回されていますが、私が中学生の時の理科の教師に「地球は氷河期に向かっている」と聞いた。

暑いのが苦手な私は、涼しくなるのは、嬉しいといったら、私達世代が生きている間は、まだ途中段階で、あまり自覚出来るものではないと聞いた。

氷河期に向かうという事は、徐々に都合よく気温が下がるわけでなく、途中ではヒートアイランドなども多く起きるらしい。

そして、今北極やグリーンランドなどが氷がドンドン溶けて来ている反面、南極では氷が増えているそうである。

南極側の事は遠いので、あんまり詳しくは判らないんだけれど、ハッキリわかっているのは、余りにも小さな世界での事ですが、確実に夏が長くなり、熱帯夜が増え、本日もエアコンを入れる時間が長くなってきて、朝からすでにエアコンの中である。

そして、非常に雨が少なくなってきた。

北半球の話としては、寒暖の差が激しく、熱波に襲われたり、物凄い大雪が降ったりになってきている。で、私は「約半世紀過ぎて理科の教師の言う通りがちょっぴり見えてきた」と思っているが、想定外に速いスピード!とも思っている。

そこで、この問題に関しては、実に色々な説が出ていて、どれが本当だか訳わからない情報が氾濫して、それを又TVなどが興味津々で見るようにあれこれやり過ぎなので、此処で皆考えなくなってしまうのが、日本人の特徴でしょうか・・・

しかし、世界の学者は地球を知るべく、危機があるなら上手に回避するべく、地道に失敗も繰り返しながら研究しているんですね。

学者さんは偉い!って思いますね。時には誤解を受けて、一生懸命研究した結果を、ボロクソに言われることもあるでしょうからね。

で、あれこれ見た結果私はこの動画2つは興味深いと思いました。

●地球が氷河期へ突入し世界が凍り付く… NASAが撮影した画像

youtu.be

 

●海はどれほど深いのか?未知なる領域

youtu.be

 

北極に近いグリーンランド周辺と言うと、物凄く遠いようですが、多分天文学的に考えたら、日本も関わっている所だと思うのですが?

海水温が上昇すると、藻が増殖して、真上から見ると海は黒っぽく見えるそうです。すると、そうでないところのように、太陽の熱を遮断してくれずに、吸収して海水温が上がってしまうのらしい。

すると海の水はジッとしていませんから、海流などでかき回されて、生態系も崩れてくるし、台風の発生位置も変化するし、蒸発した水分増加で、大雨になって降って来る。と言う事になるのですね。

地球の磁場がSとN極2点だったのが、4点になってきたとも言うのも興味深いですね。

日本は国民一人あたりの二酸化炭素排出量が「世界平均の2倍以上」だと言われています。そして国全体の二酸化炭素排出量も世界のトップクラスだといいますから、なにかせねばですよね。

で、結局は問題が大きすぎるので、私は凄く小さな問題ですが、個人的には、生きている間は極力エコ暮らしをしようと思っって、ただいま実践中。

暑さに弱いので夏のエアコンだけは、どうする事も出来ないので許していただくことにして、その他は早寝早起きですから、あまり電機は使わないでしょうし、お風呂苦手なので、シャワーしか使わない。
等などささやかにエコに励んでいる。

ゴミは目標以下の1日灰にして一人タバコの箱1箱分以下だと思われるし・・・

他人ごとのようですが、生物はまだ未知の部分が多い海などの(水)に支配されるのか、それとも空の方の太陽(火)に支配されるのか何方でしょうかしらね。その両方の間で巧くバランスを取って暮らしていくしかないのでしょうが。。。恐ろしくもあり、興味深くもあり、それにしても地球は不思議な星でもありますね。

と私だけかもしれませんが、毎日不思議に満ちているのです。

 

読んでくださっている方がいらしたら、誤字脱字・変換ミスが有ったら、まぁ許してください。勘ピューターで翻訳して読んでください。
最近そのチェックが多いのです。突然フォントサイズが一部変わっていたり、修正をしていると、書くのが嫌になって来るので・・・

何たって暇つぶしの雑記帳ですので、宜しくおねがいしま~す。

気まぐれなひつじは最近、昔々に飽きてきて・・・

最近年齢を重ねてきた感を感じる事が、あるので、昔は適当にして今を主に書く事に決定しました。

明日の事は判らないし、過去は毎日堪っていく一方ですからね。

暇つぶしに読んでもらえば良いし、書くほうも気が向いた休みの日にでもと.....

今日はネットの新聞で、昨年襲ったイタリーの地震のその後のニュースを見た。

日本も熊本地震もまだ揺れている途中の様ですし、東北地震の復興も遅々として進まずと言う感じがする。

自分の家でさえ、片付け物は時間がかかるのは、精神的なものもあるかもしれない。

まったく新しくやる事には、人は燃えますが、後始末的片付け物は手間もかかるし、気合が入りにくいのでしょうね。

で、イタリーの地震も復興とは程遠い感じで、観光地で花々が咲き乱れた美しい丘の上の古い街が崩壊状態のままだそうだ。

同じ地震後の写真もヨーロッパは石作りの家だから、日本の家屋の崩壊後と又イメージが違うし、重量からしても、整理整頓は大変そうだ。
しかし、周囲の花々は、そんな地震の後とはまったく世界が違うのではと思うくらいに、自力で復興してしまう強さがあるのが植物と言う感じだ。

汚染されようが、何が有ろうが、行きぬいていく力の凄さは、半端無いですね。
と何処の国も、復興となると偉く時間がかかるようだ。

東京も絶対に危ない時期になっていると言われながら、今の所何とかかすりはしたが
直下型はまだ来ていない。
準備だけはしてあるけれど、こればかりは自分で何とかする以外どうにもならない。
テロや内乱や、または最近はミサイル落下の内閣府からのお知らせもあったけれど、
もううんは点に任せるしかないですね。
私は毎朝ワールドニュースを読むことから始めるが、まぁどこの国も大変ですね。それでも、物凄いテロの現場や戦地のようなところの映像の中にも、植物が存在するし、不幸にして事故現場となった所に、人々は献花したりして、植物が存在する事になる。

人は自然と植物の逞しさなどに、癒され依存して暮らしているのでしょうね。
あらゆる物が滅びるようになっても、最後に生き残るのは植物だと言いますからね。

何時だったか読んだものにも、殆どが滅びた後は地球は天国のように緑が多い茂り、花が咲き乱れていると書かれていたのをおもいだした。

そんなイタリーの地震のニュースを今朝読んだ。本当に美しい花畑の中に、地震で崩壊した丘が見えて、今だ手付かずと言う感じだった。日本だけではなかったのですね。でも日本は天災が次から次へですね。大きな国からしたら、規模はまだそこそこのようですが、外国の熱波やハリケーン、トルネイドなどと同じ物が来たら、日本中が無くなってしまう位大きいようだ。
でも危機管理状態が甘いので、災害規模が大きくなってしまうのでしょうね。本当はもう少し、避けられるのでは?と思うときが時々ある。