ひつじのTime killing notebook

o(`▽`o)β。.:*・゚♪*・世界には色々な事が有りまして全画面で見てくれたら嬉しいで~す🎵

無人島がゴミだらけ

今朝ネットのニュースで、太平洋の無人島に「世界最悪」のプラスチックごみ集積というのを見た。

無人島にゴミが凄いと言うのは30年以上前からのことで、私はマレーシアの無人島に子供が夏休みの時に行った事がある。(マレーシアは最近ニュースになりましたが、美しくて穏やかで、暑くても良い雰囲気と思っていましたが・・・)

漁船が空いている時間にチャーターして、ランチの魚を釣りながら行き、無人島で焼いて食べると言う計画だった。

無人島だから、港も無く船が行けるギリギリの所で下船して、海の中を歩いて島に上陸するのだけれど、猟師さんは観光客を案内する度に、島の掃除をして、ゴミを持ち帰るのだそうだけれど、物凄いゴミの漂着物だった。

そして、私から見たら綺麗な熱帯魚が泳ぐ海だったが「物凄く海が汚れて、魚が減って問題だ」と言っていた。
「へぇ~!」と思いながら聞いていたが、空き瓶やビニール袋や、つり道具の一部、タイヤ等々本当に海岸はゴミだらけだったのを思い出した。

今回のニュースは世界遺産英豪の共同研究で、南太平洋の無人島に集まるプラスチックごみの密度が世界最悪だと明らかになった。便利な世の中になるほどにゴミの量が増え、分別も大変になってきている。

そして、解決策として、ケンブリッジ大学の研究チームは、ハチの巣の蜜蝋(みつろう)を食べるハチノスツヅリガの幼虫が、プラスチックも分解できると発見!

「ワックスワーム」と呼ばれる毛虫(ワーム)は蜜蝋を分解すると似た方法で、プラスチックの化学結合を分解できることが判明。

世界では毎年、約8000万トンものポリエチレンが作られ、買い物袋や食品の包装などに使われる。ポリエチレンが完全に分解するには、何百年とかかるそうだけれど、ハチノスツヅリガの幼虫は、1時間弱でプラスチックの袋に穴を開けることができるのだそうだ。

でも、今度はその虫が増えすぎて、他の害が出てくるという事ってないのでしょうかしらね? 何でも物事は良い面だけではないですからね?
このニュースで、美しい南太平洋の無人島風景が、一寸文明の垢が付着して、汚れたイメージになってしまったのですが・・・

昔は未知の世界がいっぱい有って、そんな事が書かれた本など子供の時にワクワクして読んだ物だが、今はドンドン科学で解明されて、これからの子供などは益々、何でも当たり前に知っていて、感動が少なく育つんでしょうね。

いやいや、自然の大きさや新たな現象は、底知れない物なのかもしれないでしょうかね?心の問題で、何歳になっても、身近に不思議は沢山まだありますね。でも世界中が何が美しいのか、そのところにしかない美などは保存して欲しいし、それを継承して、大事に保存もして欲しいなァ~とも思う。

反面、科学の発達によって、とんでもない疫病などの大流行などは、ネットの発達などにより、教育も行き渡る所が増えて、衛生的になり? 減ったのかしらね?

パリで食べた生ガキは最高に美味しかった(^^♪

海外で生ガキと言うと、あたってしまいそうなのだけれど、10月に行ったのですが、カキのレストランがあって、そこで食べた生ガキの美味しかった事。

大きなカキで、一口で食べるが口いっぱいになるくらい大きいカキで、レモンを絞ってぺろりと一口で食べてしまう。

海の物は苦手なものが多い中で、これはとても美味しかった。
フランスは、何処も食べ物は美味しくて、街角で売られているような物も、とても美味しく食べられた。フランスに行ったからと言って、本格的フレンチを食べた訳ではなく、地元のレストランのようなところで食事。

大概の時間は、元夫の要望で当然ルーブル美術館がメインで、人が多い、広くて移動が大変だった以外は有名な絵を見ても、意外と感動しなかったのは、有名絵画があり過ぎ! 娘の希望したダリ美術館の方が建物も、中で見た絵も良かった。

何度もフランスには行っている元夫は、まぁ見せたいところが彼方此方あったのだろけれど、毎度のことながら自分ペースなので、疲れてしまった。
元々私はパリに入ってみたかったけれど、いったら一度に彼方此方いっぱい回るよりも、何処かでゆっくりと待ち行く人や、雰囲気を楽しみたい私とは、目的が違ったのですね。

ただ、良かったのは街の小さな靴屋さんで売られている靴が、私の足にぴったりの靴で、もう少し買ってくれば良かったと思った。
その後、元夫がパリに行った時に買い足してきてもらった。

人生長いけれどその店の靴が足にぴったりの靴だった。もう20数年も前なのだけれど、今も一足だけサンダルを持っている。

脱いだり履いたりが手間がかかるから、あんまり履いてはいないスエードのサンダルです。街の何でもないようなバッグ屋さんで、吊るされていたバッグでも、なかなか素敵で良いのがありました。

そして、もう一つジルベル・べコーのテープを数本購入した。滞在は2日くらいだったので、あっという間に過ぎてしまいましたが、1日だけは娘は父親鍋奉行ぶりなどにうんざりして、ひとり別行動して、映画を見に行ってしまった。

と大好きなヨーロッパ旅行は、楽しさは残念ながら半分になってしまった。とりあえずざっくり見てきたパリでした。今思っても残念な旅行だったですね。

お土産を買ったりとか、そう言うのでなくて、何となくぶらりとしたいのがパリだと思いました。まぁ有名な話ですが、セーヌ川はフランス語で言うところのアベックが多いのですが、川自体はただの汚い川でした。

 

 

写真で見たとおりの凄い坂のあるサンフランシスコ

サンフランシスコは、ちょっと寄り道した街だったのですが、必ず観光写真に載っている通りに凄い坂道があった。 坂の所は路面電車(ケーブルカー)が走っていて、坂の一番上に行くとフィッシャーマンワーフと言う、シーフードなど食べられる所があるのだけれど、季節はずれの冬に行った? 週末だった?から、何処も閉まっていて、ただガラ~ンとした所だった。
観光客らしき人も少なくて、街中が空いている感じだった。

何も無いので、又帰りのケーブルカーに乗って戻ろうと、チケットの自動販売機に行ったら、コインを入れても全然機能していなくて、壊れている?
何度やっても、コインは戻ってきてしまうので、側に居る人に聞いたら、その人も観光客のようで、「さぁ?でも何回もやったらチケットが買えたよ」と言う。
「じゃぁ、何たってアメリカだしぃ~(失礼)」と又気長にコイ投入。 すると、違う若い男の人が[ちょっと待って!」と言って、販売機を思い切り蹴飛ばした。

そしてコイン投入後、大きな手で販売機をバンバン叩いたら、コインが入りチケットが出てきた。[何時もそうなんだ!」そうだ。
今は近代的に良くなっているのかもしれないけれど、その時は蹴飛ばしやすい靴履いていかなくちゃぁ~と思った。 これって1989年頃の話です。

そして、デパートを見たり街をうろついたりした。日本で買うと凄く高いアメリカメーカーのバッグが凄く安かった。
何時も爽やかな陽気の所だからか、ホームレスがちらほらいて歩道に座り込んで、帽子が置かれて、中にお金が少々入っていた。 でもそのホームレスの中には凄く大きくて体格も肥満気味の女性が、外套に持たれて座っていた。猫連れのホームレスだったが、猫が又飼い主同様に体が大きくて、丸々と太っている猫で、アメリカって良い暮らししているんだなぁ~と思った。

皆のんびりした感じで、気候が良いからホームレスが多いそうだ。
そして、気をつけないとならないのが、怪しい日本人も多いと聞いた。親しげに話しかけてきて、詐欺まがいの事をするらしい。
どう見ても、働き者が居る街には見えなかった。

1年中気候が爽やかで温暖だと、人は厳しい季節に向かって「なんだかの準備をしなくちゃぁね!」と言う気分にはならないのでしょうね。
年金生活者は、歳をとったら西へ行って暮らすのが夢だという人は少なくないようだ。
でも、爽やかだけれど、私はやっぱり四季がある国が良いなぁ~。

そして、近くにチャイナタウンがあるのだけれど、もう昼間歩き回ったので、疲れたので、夜はホテルのルームサービスでパスタを1人前頼んだ。ルームサービスは割高だそうだけれど、持ってきたパスタは大皿にてんこ盛りで、子供と2人で分けて食べても、気合を入れて食べなくてはならないほどの量だった。

何も注文はしなかったけれど、流石サンフランシスコのホテルは日本人慣れしていて、中皿とフォークなどは2セット持ってきてくれた。
日本のパスタの量の3倍くらいが1人前ですね。その前にもアメリカは滞在した事のある所だったから、予想はついていたけれど・・・

あれを食べてしまうんだから、身体も丈夫なはずだよねぇ~と言う感じだった。
とりあえずは、1泊だけなので、後はのんびりTV見て過した。
治安も余程変な所に行かなければ、まぁまぁな感じですが、やっぱりアメリカには住みたい気はしませんでした。
慣れたら日本よりも暮らし安いかもですけれどね。歴史的な文化と言うか、建造物とかも無かったし、只のんびりしに行くには悪くはないのかもですね。

雰囲気はそれほどお洒落な店があるわけでもなく、ちょっと田舎っぽい街だったかもしれない。気候が良すぎると、働く意欲も沸かないのではないかしらね。