ひつじのTime killing notebook

最近のちょっとしたニュースあれこれ雑記...HPが入り口の音楽ブログもスタートしましたので、気が向いたら寄って下さい(=^m^=)♪

見なかったふりしたかったのですが......

最近は見なかったふりしたいニュースが多いので、これも見なかったふりしたかったのですが、身近な問題なのに、日本のニュース番組などでは、あんまり取り上げられていない?ようなので......

マイクロプラスチック含有製品問題

結構前から海外ニュースでは、日常的に北極クマ問題と共に掲載されている問題です。

  ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

今から30数年前に、東南アジアで暮らして居た時に無人島に行った事があるが、漁師さん達がもうすでに魚に問題があり、無人島には大量のプラステックゴミが打ち上げられていて、帰りは皆で回収して帰ったのです。そのゴミにはコークのボトルなども多かったですね。
(今緊急にってあまりにも遅くないでしょうかね? 多分40年近く昔に、私は銀座で、化粧品の動物実験の犠牲になった動物の、写真展を見た事があるのですけれど?その後対策は取られたのだるか?)

大量のプラステックゴミの海洋汚染


マイクロプラスチックの海洋汚染

●ダイビング好きの高校生が、8万年かかる海のゴミ除去をたったの5年で実現する大発明!?2億円以上集め、日本からプロジェクトを開始!


The Ocean Cleanup - The Beginning

●【理工学部】化学・生物化学科 教授 粕谷健一の生分解性プラスチックの生物分解メカニズムの研究


【理工学部】化学・生物化学科 教授 粕谷健一の生分解性プラスチックの生物分解メカニズムの研究

     ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

で私なりに、彼方此方調べてみましたら、既に1億6,500トンがきちんと処理されずに、海のゴミと化しているそうです。

計算すると、ゴミ収集車1台に全てプラスチックゴミを詰め込んだものを毎日1分おきに海に捨てていることになるそうです。

2020年には毎分4台分までの量になるとの予想。更にこの中でも深刻な問題は、特に“マイクロプラスチック”と言われるプラスチックごみ。

『この海は透明で美しいなぁ~』と思ってる海の海水を調べると目に見えない大量のプラスチック微細物が海水から発見される。

大量の海洋ゴミによく浮いているペットボトル、その他の材料がだんだん壊れ破片⇒微小化されるものから、化粧品、ハンドソープ、洗顔剤などにも含まれているものまで.....。それらが海に流れ汚染されていく。

それらはプランクトン~魚たちがこのマイクロプラスチックを体内に取り込んでしまうのだ。
マイクロプラスチックは石油や殺虫剤成分の有害物質がつきやすいそうなので、プラスチックゴミと共に大量の有害物質を蓄積していきます。

すでにマイクロプラスチックが体内から検出された魚が確認されている。最終的汚染された魚たちを食べるのが人間と戻ってくるのです。自分たちが捨てた有害物質を最終的に自分たちが食べる訳ですね。

この事態を深刻に捉えている各国の首脳は今後国際問題として取り上げ、世界的にマイクロプラスチック含有製品廃止の方向に持っていく議論がなされるそうですが、早急に対策が求められている状況に追い込まれている。

世界のプラスチック大量ゴミの60%は、中国、フィリピン、タイ、インドネシアベトナムの5カ国からのものだと言われているが、日本も以前は同じだった経済の伸びている新興国に起きる現象です。って書かれていたが、そう思われたくない国になりたいですね。未だにポイ捨てなどゴミ問題は、地区により有りますからね。

皆で考えたらゴミ問題など、かなり減るように思うのですが...。

一般販売は難しい空飛ぶ自動車

コストが高いとか、音の問題とかが有って、時に立て込んでいる日本などでは販売される事は無いと思われる未来型自動車があるようです。砂漠の中の国や広大な土地、山に囲まれて居る国などには便利かもしれないですね。

見るだけと音などやその他のリスクが解消されたら、こんな車も面白いかもと思います。

        ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 


「空飛ぶ車」 米ベンチャーが動画公開 グーグル共同創業者が支援


爆笑 - おもしろ - 素晴らしい


現在開発中の「空飛ぶ車」厳選5選!完全に未来の車だろこれwww

        ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

フィンランドの冬の魅力

北の国は寒い時に行くのが一番魅力的、夏の国は暑い時期に行くのが魅力的と何となく思っている。

雪国で暮らして居る人には、それほど感動的では無いかもですが、田舎が無くて、都心育ちだった私には、雪は特別に魅力的。TVなどの雪のシーンなど見とれてしまいます。

東京も雪が降ったことが有りましたが、真っ白でふわふわした本当の雪は数える位しか降っていないのでは? 積もった雪も水の多い雪で、真っ白な雪に足跡を付けた経験は2度くらいあったかどうかですね。

でも雪国の人でも、今日の動画は楽しめるのでは?と思うのですが!何しろやっぱり犬ぞりや、サンタ村やオーロラはあまり経験していないのではないでしょうか。

フィンランドは9月も終わりころには、冬がやって来ると聞いた。
もちろんフィンランド以外でも、寒い国はおなじでしょうが・・・
今回は個人的にサンタランドも有るし、ラップランドは昔からあこがれの地のひとつです。11月から2ヶ月は暗黒の世界になるのですが・・・

北部では6ヶ月位が冬だそうです。青紫の世界に真っ白な雪ので覆われると言うのも神秘的ですね。
寒がりの人は「おぉ~嫌だ」と思うかもですが、美しい景色だと思うのです。

閉じ籠り暮らしですから、想念の世界が広がり、色々な妖精や、暖かい話が生まれるのでしょうね。
もちろん過酷な世界なのでしょうが・・・オーロラも美しいし、だからこそ太陽が出てきた時の感動は大きいでしょうね。


北極圏の旅行

Kakslauttanen Arctic Resortは、北極圏から北に250km離れたフィンランドラップランドにある休暇先です。宿泊施設には、有名なガラスイグルー、高級ケログラスイグルー、スノーイグルース、心地の良いログキャビンなどがあります。8月末から4月末までの8ヶ月の季節を楽しむには、北極の灯火を見るのにとても魅力的な場所です。

        ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

●Bubbles Freezing in Slow Motion


Watch soap bubbles freeze in real time

nstant reaction-boiling water freezing in mid air temprature | mpemba effect | shockwave


Instant reaction-boiling water freezing in mid air temprature | mpemba effect | shockwave

●Kakslauttanen Arctic Resort, Saariselkä, Finland - Best Travel Destination


Kakslauttanen Arctic Resort, Saariselkä, Finland - Best Travel Destination

●Santa Claus Village, Arctic Snow Hotel & Glass Igloo, Rovaniemi


Arctic SnowHotel & Glass Igloos in Rovaniemi in Lapland Finland - northern lights

       ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

思い切り寒くて白い世界ですね。でも寒さやその気候だからこその素敵な事もあるのでしょう。

魅力的~💕カッコよい衛兵🎶

衛兵と言えば=兵隊=軍隊=戦争とイメージしてしまうのですが、今日は都合の悪いものは見なかったふりして、無条件でカッコよいのが衛兵だと私は思っています。

バッキンガムの衛兵はあまりにも有名なので、普段はなかなか見られない国の衛兵動画を楽しもうと思うのです。

衛兵は警備・監視のため、要所に配置されている兵。番兵。衛卒。

各国の衛兵のおもな任務には、儀礼的行事への参加があり、公式訪問する国賓への衛兵(儀仗兵(ぎじょうへい))による礼式が慣行の歓迎行事。

平常時は国家元首(国王や帝王など)の周辺警備を行いますが,戦争になったりしたら,兵士として戦場に赴きます。

日本の場合は「皇宮警察皇宮護衛官)身分は「国家公務員」」として「皇族方(ご対象)」の身辺警護を中心に行い,皇族関係施設内での犯罪捜査を行ったりします。

各御所の中は皇宮警察が受け持ちなので、管轄皇宮護衛官は,非常に特殊な訓練を受けます。

御苑内の警備や事件事故の捜査は,地域を管轄する警察署(京都御所の場合は上京警察署)が行います。御苑と御所とは異なりますから、各御所の中は皇宮警察が管轄。創立以来、皇室守護を目的とした国家機関です。

皇宮護衛官になるには自衛隊幹部候補生の採用試験に合格1年間の幹部候補生学校に入校し、一応修業できれば初任3尉になれます。

そして、又特殊なのはバチカンの近衛兵ですね。
バチカンのスイス衛兵は数少ない傭兵隊であり、現存する国軍では創設時期が最古の軍。

スイスは傭兵制度を廃止していますが、儀礼的要素が強いことなどから例外として維持されているそうです。

公には発表はされていませんが、誰でもなれる訳ではなく、結局は先祖からの色々全てを調べられたうえで、条件を満たした者が近衛兵になれると言うのが、何処の国でも共通条件だと思います。

ちょっとしたセレブになる以上に、ずっと条件は厳しいでしょう。

全ての事を置いて置いて、ちょっと色々な国の衛兵を見てみたいと思いませんか?結構何処でも観光スポットになっていると思います。無条件でカッコよく魅力的だと思うのです。

       ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

まずは日本からにいたしましょうね。

●Changing of the Guards, Imperial Palace Tokyo, Japan, 皇居 衛兵交代式,


Changing of the Guards, Imperial Palace Tokyo, Japan, 皇居 衛兵交代式, 衛兵交接, การเปลี่ยนยาม


バチカンの衛兵の交替

●Changing of the guards in Sofia, Bulgariaブ ルガリア


Changing of the guards in Sofia, Bulgaria

●ロシア衛兵交代式


クレムリン 衛兵交代 Кремль Kremlin Changing the Guard ceremony

プラハ城衛兵交代式チェコ


プラハ城衛兵交代式~正午バージョン2

●Changing Of The Guards Athens 2017 New Year's Day - Evzones at the Tomb of the Unknown Soldierギリシャ


Guard change ceremony at Syntagma Aquare (Athens, Greece) Tomb of the Unknown Soldier

デンマーク衛兵交代式

Changing of the Guard, Amalienborg Palace, Copenhagen

スペイン衛兵衛兵交代式


マドリード王宮と衛兵交代式



         ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

今の問題点を知るには世界から...

数年前から日本の気候は酷暑になったり、寒波が来たり、又天候だけでなくニュースは年中〇〇注意報が発せられたり、日常習慣にしても、それまで信じていた健康説が「じゃぁ、今までは何だったの?」と言うものが増えて来た。

そんな事で持病持ちの私は、なるべく外出しない暮らしで、室温を適温設定で、安定と言う治療法を発見していらい、ネットオタクな暮らしになった。

そのような暮らしが、悪化せずに安定して、薬や通院が減らせると発見したからである。

治療法不明の指定されていないアレルギー性の難病で、悪化したら悲惨な状態のようだ。

でも、今の時代そんな病は山ほどあって、気にしていても楽しくないので、ぎりぎり最低限の外出で、夏悪化しやすいので室温に注意して、感染症注意のストレスから逃れるには、在宅治療が最適と判ったのです。

それで、年中通院していた頃の、待ち時間中に聞いた話や、その他TVニュースなどや、気象庁の花粉情報などネットやTVで見る事が増えました。

そこで、ハッっと気が付いたのは、TVのニュースやワイドショーなどの情報は、日本国内事情をスパイスを振りかけて、味付けを変えて、放映されているのでは?とか、もっと皆が知らなくてはならないニュースは置いて置いて!が多い様な気がしたのだ。

キャスターの人やリポーターがアナウンサーの巧みなリードで、微妙な発言が、素早く糖衣錠に包まれる瞬間なども、見て取れた事が何度もあった。

それ以来、私は海外新聞をネットで読むようになったし、TVチャンネルも加入して、海外ニュースチャンネル数局が見られるようになった。

本当につたない語学力でも、まずは自分で拾い読みしたり、調べたりしながら、大まかな内容がわかるようになると、ちょっと面白くなる。

同じニュースでも国が変わると、言ってることのニュアンスが違っていたり、又海外メディアは日本の出来事をどのように捉えて見ているかが、判るようになる。(多分にいい加減英語ですが...)

そんな事で今日は地球温暖化問題を・・・

私が子供の時何十年も昔ですが、理科の先生がこれからの地球は

氷河期に向っていると教えてくれたのが、しっかり頭の中に残っている。『氷河期に向かう途中では、少しずつ寒くなっていくのではなく、物凄く暑く成ったり、大雨が降ったり、とんでもない天候に遭って氷河期になっていくのだ』と言うのを聞いた。

それを周囲の大人や、ある時はその後の友人に言うと「そんな馬鹿な!聞き違えたんじゃぁないの!こんなに暑いのに...」と笑われていたが、私はずっと頭から離れない言葉だった。

今思ったら大好きな先生だったし、凄い理科の先生だと思っている。そして、今海外新聞でよく目にする問題になっている話題だ。

一寸目的の動画が貼れないので。近いと思われるものを貼ってみました。違う動画を貼りたかったのですが、
もうね、アメリカンファーストではなく、地球ファーストですよね。自分の国だけの問題ではないと思うのですが...

      ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

地球はミニ氷河期(小氷期)へ向かっている可能性がある


【悲報】2030年までに97%の確率で氷河期が到来することが判明! 研究者「夏は消滅し、川は凍る」

地球はミニ氷河期(小氷期)へ向かっている可能性がある


2030年氷河期突入で約20億人が飢餓と病気で死亡の危険性あり


白くま絶滅危惧 温暖化の影響でガリガリに痩せ細ったシロクマ

      ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ 

2002年の世界自然保護基金WWF)の報告では、気候変動がやがてホッキョクグマを危険にさらし、あるいは絶滅に追い込む可能性があると予想していた。

陸上で過ごす期間が長くなっており、絶食期が延びて健康が損なわれていると報告されている

15年後の現在、ホッキョクグマのエサ探しの場となる海氷の状態はさらに悪化。予想以上のスピードで、生き物たちを脅かして居ると言う。今の科学でもって、良い方法が見つかると良いのですが...

暑くても寒くても今まで通りにはいかないのではないかと思うのです。楽しい映像ではありませんが、一応考えて置くべき事ではないかと思うのです。

しかし、南極などの氷の大陸は増えて居ると言う説もあったりしますが、又今もうひとつ問題になっている大きな汚染問題は、プラスティックであるとも報道されています。

そのうち日本のTVも騒ぎ出すかもしれませんね。日本の場合は、一番考えなくてはならないのは、大地震問題でしょうか?最近まったく見ませんが阪神大震災、東北地震熊本地震、のその後も見る事がなくなりましたが...さしあたってエネルギーが必要と、安易に原発再開もこまりますよね。

(単語の一つも覚えられたりです。NHKのチャンネルでも、英語で新聞を読もうと言う番組があり、解説もしてくれるのでなかなか興味深いですよ。)

     ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞

ネットで見られる海外新聞(もっとありますがとりあえずです)

USA

Washington Post
https://www.washingtonpost.com/

New York Times
https://www.nytimes.com/

     ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞

UK

Times
https://www.thetimes.co.uk/
Daily Mirror
https://www.mirror.co.uk/

      ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞

フランス

Le monde
http://www.lemonde.fr/

Le figaro
http://www.lefigaro.fr/

       ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞

 

世界最小のネコ「サビイロネコ」

BBCテレビ「BBC One」は1月、世界のネコ科動物をとりあげた自然番組「BIG CATS」を放送。2年で14カ国で取材した中から、世界最小のネコ「サビイロネコ」を紹介しています。

 


World's smallest cat - Big Cats: Preview - BBC One

 

 

BCS -


BCS - Rusty Spotted Cats Chan & Nuwara


Baby Rusty-spotted cat !

インド南部とスリランカに棲息する極小型の猫で ある。体長は35-48cm、肩高20-25cm、尾の長さは15-25cmであり、体重は約1.5kg しかない。

メスの成獣の体重は1kgかそれ以下しかなく、クロアシネコと並んで(もしくは それ以上に)世界最小の猫。視力は人間の6倍もある。

都会にいるドブネズミの方が大きいかもですね。

国際自然保護連合レッドリストにも登録されているため家庭でペットとして飼うことは難しい。
動物園でも、ドイツの動物園にしかいないようです。

ところで、私も事情があって長毛猫をお預かりだったのが、結局は私が飼っている状態でいるのですが、最近は猫は室内飼いで、外に出さないが原則の様ですが、猫にとっては凄いストレスではないかと思っている。

自分の好きな場所で、のんびり過ごすのが好きな猫は、犬の様に人と一緒に散歩が好きな訳ではない。彼方此方よじ登ったり、狭い所に入り込んだりも好きなのが本来の性格で、放し飼いが出来ない環境はとても辛い事だと思う。

今の日本はけして猫にとっては、暮らしやすい国ではないでしょうか?たまに酷い目に遭った猫のニュースを聞きますが、猫の毅然とした態度や、争い事は極力避ける無用な攻撃はしないので、猫嫌いな人から被害にあうのでしょう。

 

巻き取り可能な有機ELテレビが発売

有機ELテレビ

LG Displayは、世界初の大型で巻き取り可能な超高精細スクリーンを開発しました。

日本では昨年末に販売されたようなので、もう見られた方いらっしゃるかもですね。私は野次馬なのでこのようなニュースは直ぐに観ますが、現実には地デジが始まる直前位に買った、小さなTVが全く問題なく使えているので、それでTVは見ているのですが!

 

しかし、アメリカあたりはもうヒットするのかもしれませんね。

●LG OLED TV rolls up like a piece of paper


LG Display makes a 65-inch TV that actually rolls up

 

●Unboxing The Mind Bending Wallpaper TV.


Unboxing The Mind Bending Wallpaper TV...

 


THINNEST TV EVER! LG Signature OLED TV W Unboxing!

 

さて有機ELテレビとは?コトバンクではないですが...
電気を流すと自ら発光する物質をパネル基板に使い、その光の組み合わせで映像を表示する。背面から光をあてて画像を表示する液晶に比べて発色が良く、大幅に薄くできる。ソニーが07年に世界で初めて11型を発売したが、約20万円と高額で思うように売れなかった(2013-12-26 朝日新聞 朝刊 2経済)のだそうです。

しかし、2018.01.03
現在有機ELテレビは各社において最上位モデル。各社とも音質にも相当の力を入れて開発している

大画面&有機ELモデル

http://www.lg.com/jp/oled_tv/09_LineUp.html#LG_SIGNATURE_OLED_TV

コントラスト比が高く、画像がクリアで発色も良い
・応答速度が速いので、動画も滑らかに表示される
・消費電力が少ない
・プラスチックなどで、ディスプレイ本体を作ることができるので、曲面で使用したり、折り曲げ可能なテレビやディスプレイもできるなどのメリットがあります。
2017年にソニー東芝パナソニック、そして2015年から先行発売していたLGエレクトロニクスも加わり、有機EL4社がここに揃い踏みだしたそうです。

見ていないので、彼方此方のサイト見て出の情報ですが・・・

詳しくは
夢叶う2017年。ついに来た有機ELテレビ時代 by 麻倉 怜士
麻倉怜士2017年12月25日 08:00
https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/pb2017/1098467.html

に書かれていました。何故か巧くリンクしないようですが.....

まぁ、次から次に、ニュースとしては、凄く面白いのですが、私個人は高画質とかいっても、そこそこ見られれば今ので十分だと思っているのです。

音にこだわる人は、かなり力を入れているようですが、それも又ね!研究開発する対象としては、面白いと思うのですが、すっかり目が慣れましたが、地デジになった時、異様に出演者の肌がくっきりには、戸惑ったものでしたからね。

今後どうなってしまうのでしょうね?