ひつじのTime killing notebook

最近のちょっとしたニュースあれこれを雑記に...むっふ(=^m^=)♪

とても楽しい物つくりと発明の世界

とても楽しい素晴らしい手作りの発明の動画を見つけたので、今日はちょっと彼方此方のサイトを見て回りました。

そうしましたら、マガジンサミットと言うサイトに子供の発明クラブがあるとの記事を見つけました。

ソニー創業者の故・井深大氏が1974年に創立したクラブだそうで、子供達の様々な発明品が紹介されています。
そのなかには特許をとり、商品化されたものもあるのだそうです。

 

少年少女発明クラブHP http://kids.jiii.or.jp/

 

【忘れ物防止装置 傘お化け】
2006年に富山県(当時・小6)が特許取得した発明品【忘れ物防止装置 傘お化け】等と言う者は、傘の置忘れを防ぐため
の物だそうで、人が近付くとセンサーが感知して自動的に傘が開き、傘「カサもった?」と教えてくれるものだそうだ。

この発明を始めた事で、学校での人間関係に悩んでいた状態から脱却できて全国に友達ができ、学校だけが世界ではないと知り救われたのだそうだ。

【ケミストリークエスト】
2011年に神奈川県の(発明当時・小3)が12歳で社長として会社を設立し商品化したカードゲーム【ケミストリークエスト】ケミストリークエスト株式会社と言うのがあるそうです。

元素記号を使ってみんなで遊べるカードゲームが欲しくて、小学3年生の時にパソコンで作成した。水素、炭素、酸素、窒素の元素カードを使って、二酸化炭素や水などの分子を作っていき、その数を競い合うという2人対戦のカードゲームだそうです。

このように、発明の世界が自分の世界である人は世界中に沢山居て、日本の教育では、人と違うと言う発想など、なかなかその素質を伸ばしにくい環境かもしれません。

子供の頃にこのような事などで、自己主張が出来る様な教育になったら、虐めなどの小さな世界での問題が減るのではないでしょうかしらね。

世の中は思考して物を作る方の人と、それが苦手で作られた物を買う方の人が、いるから巧く行くのかもしれませんが!

何でも満ちたりてしまうと、余り思考して物を作る人が減っていくかもしれませんね。
せっかく人として生まれたのですから、何かしら良い事で頭と手は使わないと、どんどん進化=退化してしまうかもしれませんね。
一部の人以外は、ホモサピエンス発生時に戻ってしまったりして・・・。では素晴らしくて楽しい動画を見てください。


素晴らしい手作りの発明2017 ...


芸工大生の卒業制作「書き時計」、ネットで話題に


cuboro cugolino Kugelbahn "impulse"

色々な物が沢山ありますが、馬鹿馬鹿しいような事の中から、素晴らしいものが生まれたりするでしょうね。

誰だったか有名な科学者もそう言っていましたよね。

独断と偏見、私の好きな日本

私の好きな『日本の魅力』の一部の動画を今日はUPしてみました。

海外で暫く暮らしたら、日本を見る目が変わってきたのかもしれませんが、昔々四季の無い国から、一時帰国した時の日本の桜の季節は、ピンクに霞んで、この世の物とは思えないくらい美しく見えた。

日本語しか聞こえないと言うのも、ひっそり静かな雰囲気だったのです。(30数年くらい昔の話ですが......)

その後帰国して思ったのは、遠くから眺めた日本は素敵な国だけれど、暮らしてしまうと全てが日常的になってしまい、後世に残してもらいたい物は、あまり注目されていないのには、ちょっとガッカリしている。オリジナルが沢山あるのになぁ~です。

私と同世代の戦後生まれの、中高年になりつつある人でさえ、その親から何も受け継いではいなくて、無関心でだったり、聞いたことはあるかもしれない程度だったりする。

私は祖母に育てられ、都心で育ったので、却って見たり触れたりする機会があったのかもしれない。

しかし、これらの物をもっと色々な部門で活用したら?とも思うのですよねぇ。

例えば可能な範囲で、フィギュアスケートの衣装とか曲も羽生選手は意識しているようですが、日本ならはでのファッションを取り入れたりしたら、もっとインパクトが強くなり、体型などのちょっと残念が無くなるのでは?と思ったりするのです。

この中で実際に自分が少し体験したのは和弓だけで、それも1年半位で、道具などが買えなくて、それと板の間に正座が辛くて止めたのでした。板の間でなくとも正座が出来ませんが...

和弓を始めた理由は、かなりミーハーで、格好が良かったからです。若くても高齢者でも、凄く皆かっこよく見えるファッションなんですね。

1年半はひたすら弓をひく型と的の紙の張り替えただけで、2回本当に的に向って矢を放った事がありました。

後は借りていた弓道場のある神社の掃除ばかりでしたが、それらは全く苦になりませんでしたが、自分用の弓矢やその他が高くて買えませんでした。

一緒に始めた人達は20人以上いましたが、私以外2人だけ残っていただけで、後は皆どんどん止めていきました。

只の趣味で入っても、なかなか継続するには、費用がかなり掛かったり、伝統的な物ほど、基礎を学ぶ時間が長すぎるのも、脱落する原因かもしれないですね。

●【KYUDO - Mariko Satake/4D View DEMO - IS JAPAN COOL? DOU(弓道 - 佐竹 万里子)


KYUDO - Mariko Satake/4D View DEMO - IS JAPAN COOL? DOU(弓道 - 佐竹 万里子)

京都市勧業館みやこめっせ」で開催され、範士の部で佐竹万里子さん(70)=範士八段・御坊市御坊、県弓道連盟名誉会長=が唯一人、優秀者として表彰された。弓道の称号で最上位の範士に贈られる連盟の最高賞。理屈抜きでかっこ良いですよね!

 

●神事神事びんざさら舞シラサギの舞
Japanese White Heron Dance - Shirasagi no Mai


Sanja Matsuri Sensoji Temple White Heron Dance Shirasagi No Mai

浅草観光連盟 に創始された行事。浅草寺の絵巻にある祭礼行列からとったものと言 われ、白鷺をかたどった 平安装束に身をかためて舞い踊りながら一巡する(素敵だと思いませんか?)

●YOSHIDA BROTHERS -- Kodo
北海道登別市出身の津軽三味線の兄弟奏者


YOSHIDA BROTHERS -- Kodo


Kodo 鼓童 - One Earth Tour Special


佐渡市小木を拠点に国際的な公演活動を展開するプロ和太鼓集団

 

 

野村萬齋x真鍋大度 FORM
真鍋大度
日本のメディアアーティスト、プログラマー、デザイナー、映像作家、DJ、VJ。
野村萬
狂言方和泉流能楽師、俳優。能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名跡


野村萬齋x真鍋大度 FORM

狂言は対話・所作による劇ですが歌,舞,語りなども含まれ、演じる中心は滑稽さにある。人情の機微や風刺的なものなど幅は広く無邪気な笑い主としたもので、能と能との間に演じられる。2008年能とともに世界無形遺産に登録されたのです。なかなか軽妙で面白いのです.1度しか見るチャンスはありませんでしたが!

真鍋大度は前にUPしたアビーチみたいなDJでもあって、デジタルと狂言のコラボは、又見ごたえがある素晴らしい世界だと思うのです。と独断と偏見で、バラバラですが、私の好きな日本を選んでみました。

もう少し国からもサポートが受けられて、日本を訪れる人が増えたり、日本人であっても、このような色々を見たり、体験したりする人も増えると良いのですけれどね。

デザインも機能もヾ(@^▽^@)ノ色々な文化...

無粋な話題かもしれませんが、今日はトイレの話です。
トイレに関しては、私はジャパンイズファーストだと思います。

他の国に行って一番困るのは、外出先にはトイレがない所が多かった事です。
デパートや、有名ホテル以外は、安心して入れるトイレはなかったような?気がします。

スーパーマーケットなど、トイレがある所も有りましたが、汚かったり、ほんの体の一部が隠れる位のドアで、上下ともオープンドァで密室にはならないトイレとかありました。
全て治安が悪いという事です。

しかし、日本も今ほど何処行っても、トイレが綺麗だったわけではありませんでしたね。何時頃からか急に凄く清潔で綺麗になった時期があったのです。

以前は駅や公園トイレは汚くて、落書きだらけで入るのは躊躇されるようでした。外で用足しする、男性は今でも高齢者などごく最近、目にして吃驚した事もあります。

しかし、今はコンビニでトイレを借りる事も出来ますし、大概綺麗で治安面も考えられている様です。

家庭用から、営業用、乗り物内トイレなど、実に色々なトイレがあって楽しめます。暮らしの中で一番困るのが、トイレですものね。

なかなか丁度良い動画が見つかりにくかったのですが、とりあえず選んでみました。
知ったからと言って、どうという事は無いでしょうが、私は非常に野次馬なので、結構面白いと思いUPしました。

古い家屋などには、今でも動画の中にあるような、模様の書かれた陶器のトイレを見た事があります。考えたら贅沢な物ですよね。

●畳トイレ他珍しい古いトイレ大集合


【動画】畳トイレ他珍しい古いトイレ大集合②/Japanese pretty old rare toilet /celadon toilet/tatami toilet for SHOGUN

●ハイテクトイレ


ハイテクトイレ

● 世界の奇妙なトイレ 8選

 


【衝撃】 世界の奇妙なトイレ 8選

私は特に衝撃は受けませんでしたが、結構変なトイレを使用経験もありますので、笑えてしまう物もありました。

子供の目で楽しんで見てください。次は美しい話題に致しましょうかね・笑

おまけに役に立つかもの介護用トイレや車いすトイレもあるのです。


介護用のトイレリフト 着座、立ち上がりが楽ちんです

 ●介護用車椅子


介護用車椅子 そのままトイレも可能です

 

何時も見ているのに気が付かなかった事

知らなかったのは私だけかもしれないのですが、数年前まで毎日見ているのに、気が付かなかった事って案外あるのかもしれません。

今の時代は便利過ぎて、便利が当たり前になりすぎて、それを作った人達の工夫や努力に目が行かなくなった為かもしれません。

でも何もない所から物を作るのは、大変な努力や多くの人の手がかかっているのですよね。仕事かもしれませんが、地道な仕事の結果を、私は若い時はもう当たり前に使っていました。

しかし、どんなに科学が発達しても、その一番最初の初めの一歩は、やはり人の手を通して作られたのですよね。忘れてはいけないと思いながら、まぁ便利に利用させてもらっています。

その中で今日は私の暮らしの中で、凄いなぁ~と思う物3点を見てもらいたいと思いました。

皆は知っている事なのかもしれませんけれど、私は何年か前に?と思いましましたが、調べることなく通り過ぎて来たものです。


意外と知らない!? ネジにプラスとマイナスがある理由! 知ってよかった雑学

色々な形があるのは知っていましたが、意味まで知らずに使っていました。取り合えず暮らしていくには、ドライバーが沢山ないと困る事も多いですね。私は自分の趣味の都合もあって、物凄く小さなドライバーなど持っています。

 

●コンセントの差込口が、左右違う大きさなのは何故?


意外と知らない!? コンセントの穴には正しい方向があった! 知ってよかった雑学

よく見てみると、左側が長く右の穴は短いのですよね。

右の方は電気が通ってくる穴で、コンセントの奥から機器にむかって電気が流れてくるほうで『ホット』と呼ばれています。

左の穴は電気の帰り道で、電線を通して地面につながる穴で『コールド』と言います。

普段通りに特に気にせずにコンセントにプラグを差しても良区、普通に何でも使えます。

しかしAV機器の場合は画質や音質に影響が出る場合があるそうです。

画質や音質に悪影響を与えるノイズを、アースを通じて逃がす様に作られているのだそうです。
コードに白い線が入った方を『コールド』長い穴に差し込んでください。(白い線がない時は文字が印刷されている)

左右を正しくプラグを差す事で品質向上が図れる場合があるそうです。

クリアな音になったり、豊かな音になったりするのだそうです。

 

リステリンは万能薬だった


【衝撃】実はリステリンはとてつもなくヤバい万能薬だった!あまりの効果に驚愕!口臭予防だけじゃなかった・・

リステリンは戦場で傷を負った兵士の傷口を殺菌するために開発されたものですから、殺菌効果は抜群だそうです。
私は黄色いリステリンが好きで、刺激が強い目ですが、使用後がさわやかなのでネットで買っていますが、黄色のリステリンは最近はあまりスーパーやドラッグストアで売られていないようです。

他の色の柔らかい甘いのが人気なようでですね。たまたまかもしれませんが、私は同年齢の人と比べると、歯がとても丈夫で、ほとんど問題なしです。

世界のお巡りさん色々

今日ネットのニュースサイトを見ていたら、面白いおまわりさんのニュースが出ていた。

今日ニュースで観たのは、インドの交通整理のお巡りさんのニュースだけれど、だいたいインド人ってダンスが好きな国民なのでしょうかしらね?

インドの映画は本当にあの独特なダンスで踊るシーンが多いような気がするので、この動画のお巡りさんなどは、驚く事ではないのかもしれない。


Indore's Moonwalking Cop Is Literally Traffic-Stopping

それぞれの考えがあるでしょうが、楽しいほうが好きな私は、踊りながらだからと言って不真面目とは思いませんが、中には何時も生真面目な顔して居ないと=不真面目と思う人もいるかもしれませんが...

顔だけ真面目でやる事は不真面目も多々見かけますから、大きな広い心で、一寸お楽しい動画を見てください。

世界のお巡りさんもUPしてみました。誰がつけたのか国別順位がついていますが、日本が入っています。生真面目なのは日本がかもしれないですね。


Go Five 0 ... Go Five 0

他国も親切でもちろん真面目なお巡りさんですが、最初から感覚が違いますから、ジョークも言いますし、一寸ウィンクして、違反したりも見かけました。↓矢印クリックすると見られます。


Traffic Cop Dance: Michael Jackson Style

日本でも、以前DJポリスが話題になり、色々調べていたら、はてなニュースでもDJポリスは紹介されていました。

『あの渋谷の「DJポリス」、驚きの経歴の持ち主だった!

b.hatena.ne.jp

宮城県出身で20代になる隊員で、2012年9月20日に(広報係に)配属された(広報の世界では)新人
「警備広報競技会」個人部門で優勝
「その場で、自分で考えて言ったということです。理由は聞いていませんが、ああいう場所なので、頭ごなしに言っても聞かないと考え、やんわりとソフトに言ったのだと思います・・・・・・』だそうです。

やたらに生真面目で堅いだけでなく、お巡りさんも部署によっては、明るく楽しく仕事してもらっても良いのではないでしょうか?
一般の人も勝手なもので、困った事件の時は助けてもらうのに、そうでない時は厳しい評価をしたりしますが、やはり命を張って人助けしてくれるのも、警察官などですものね。日本のお巡りさんは、ストレスが多いのでは?とも思ってしまいます。

海外のおまわりさんのようにニコニコしてジョーク言うお巡りさんに出会ったことありますか? もう少し、日頃は緩い雰囲気でも良いのではないでしょうか?
私はとても親切にしてもらった事があるので、お巡りさんは大好きかもしれません。名前もお巡りさんって、何だか良い音に聞こえるではないですか♪

 

胸の奥にジーンと来るアヴィーチー(Avicii)のMV是非見て欲しいです。

洋楽ファンにしか馴染みが無い人でしょうが、世界的に人気のアヴィーチー(Avicii)スエーデン(28歳)現在はDJ引退[2016年に引退]
ミュージシャン・音楽プロデューサーが居ました。

とそこで、よく聞く「DJとは何ぞや?」と言う人も少なくないと思うのですが、以前は私も洋楽好きでしたが知りませんでした。
DJ=ディスクジョッキー?とだけしか思い浮かびませんでした。

でも最近のDJは少し趣が違うような?だったのです。

でもこのアヴィーチー(Avicii)良い曲を沢山出していました。その中でもお気に入りで、時々見ては胸の奥がジーンと暖かくなるような、少し悲しい様な曲と動画をまず見てください。歌詞も素敵ですが、動画見ているだけで感じ取れるかと思います。

And if there's love in this life, there's no obstacle.
That can't be defeated

(そして、この人生に愛があれば 障害なんてなくなる。
出来ないことはないんだよ.......)と歌っています。


Avicii - Waiting For Love

この曲は2015年には、オランダのDJ/音楽プロデューサーのマーティン・ギャリックスとコラボした『Waiting For Love』と言う曲なのです。

そして、このコラボしたマーティン・ギャリックスと言うのもまだすごく若く(Martin Garrix)21歳は、オランダ王国北ホラント州アムステルフェーンのDJ、作詞家、音楽プロデューサー。 DJ、歌手、作詞家、音楽プロデューサーと言う経歴の人です。

アヴィーチーとは反対に(失礼)なかなかのイケメン君のDJですが、どうでも良いけれど大柄なオランダ人にもかかわらず、かなり小柄な若者なのです。ホントどうでも良い事ですが!

で、DJの仕事中の動画をUPしてみました。これで最近言われる動画は昔々の、モコ・ビーバー・オリーブ?とかジェットストリーム(もう化石化していますね・笑)とか言うイメージとはまったくの別物の事ですが、やっぱり基本内容は同じで、自分が選んだ曲を皆にもっとうまくコラボさせて聞かせる(紹介する)」お仕事なのだそうです。時代が変わったんですね。


Avicii performing Levels & Wake Me Up on Main Stage live @ Tomorrowland 2013

自分が選曲した曲を次から次へと途切れないように連続で再生して、オーディエンスの心の中に快い感情の世界に導いてくれるのですね。これもセンス次第でです。

ヒップホップグループなどのDJは、バックDJと言われてバックDJは、基本的にトラックメイカー兼DJというスタイルが多いのだそうで。

この辺りは私もよく判らない差なのですけれどね?


Martin Garrix (Full live-set) | SLAM!Koningsda

片耳ヘッドフォンとかつけていますが、ヘッドフォンで、お客さんが聞いているスピーカーの音では無く、自分が次にかける曲を聞いて確認しつつDJはターンテーブルのレコードプレーヤーから流れる曲をミキサーという2つの曲を一つに混ぜて再生できるようにする機械を使って曲をつないでいるのです。

その時によく聞くスクラッチ(レコードを手でこするように前後させ同じ部分を反復再生、リズムを刻むなどのパフォーマンス)をするのですね。HIPHOPのDJ以外はあまりスクラッチはしないそうですが、スクラッチなどの演奏技術を競うのがメインのDJも居ますし、最近は女性DJも活動しはじめていますね。

一見ひとりでノリまくって仕事しているようですが、かなり体力も集中力も居る仕事ですし、又陰で支えてくれるスタッフも必要ですね。

とDJの話になりましたが、私は若いDJがコラボした『Waiting For Love』と言う曲を見て欲しかったんですけれどね。

ついでの最近のDJと言う仕事の話題にも触れました。
好みだけは若い私ですから、将来老人施設にはPCと洋楽も楽しめるサークルがありますようにと願っているのです。

そんなもんですから『Waiting For Love』のこの動画は、リアルに想像できる歳にもなってきましたし、将来の事も対応が遅い日本はどうなるのかも考えてしまうのです。

この動画の様に『愛』の感じられる世界だと良いのですけれどね。
何だか海外も老々介護風ですけれどね!

 

ヒップホップより男子新体操

かなり以前から私は男子新体操がお気に入りで、インターハイや大学の新体操をTVでやるとなると見ていた。今日バラエテイを見ていて、チラッと出てきたので、そうだ!と思い出した。

動画もチェックしていた。凄くかっこ良いんですね。何といっても有名なのは青森の高校と大学。そして、インターハイなどでは青森山田高校か神埼清明高校が競り合っている。

そして、もう一つの楽しみが順位はインターハイには及ばない?かもしれないけれど、凄く楽しい鹿児島の高校の新体操である。

とりあえず動画をUPしてみます。


2015インターハイ 第1位 青森山田高校

 


男子新体操 インターハイ1位 神埼清明2017 in 山形

楽しみにしている楽しい鹿児島の高校の名物新体操です。


ユニークで楽しい男子新体操(鹿実)Men's Rhythmic Gymnastics

 

そして、海外遠征もしている青森の大学の新体操ですが、この時は三宅一生とのコラボで、素晴らしいパフォーマンスで、何度も見てしまった。


イッセイ ミヤケ主催「青森大学男子新体操部」27人の部員全員参加アーティスティックな演技

大学生になると完成度がちょと違いますね。余談ですが私は忍者ものアニメを連想してしまいましたが、色々な極めポーズは新体操からとったのでは?と思ってみる時があります。

 

男子新体操(だんししんたいそう Men's rhythmic gymnastics)は、体操競技の一つで、音楽に合わせ、技術や芸術性などを競うスポーツ。

男子新体操は日本発祥で、主に日本だけで行われている。
(海外にあるものは日本の物とは違うそうです)

個人競技団体競技とがあり、両方とも音楽に合わせてフロアマット上で演技をし、点数を競う。

女子の新体操とは違い、宙返り等のアクロバティックな動き(タンブリング)が禁止されておらず、むしろ男子ではタンブリングは規定動作として行わなければならない。

数名の選手が大学卒業後にシルク・ドゥ・ソレイユへ参加 2013年にはデザイナーの三宅一生が企画した「青森大学男子新体操部」の公演が素晴らしいですね。で、何時から?と思い調べましたら男子新体操は日本発祥の競技である。1940年代に体力と健康を改善することを目的として始まった団体徒手体操が始まりであるのだそうです。
1億人の大質問!?笑ってコラえて!』2004年12月から男子新体操を取り上げたことにより知名度が高まったそうですが、私もこの時以来ちょくちょく気にしてみている。

色々な競技の中でも日本人は体型的に、どうしても今一つになる体型が特徴ですね。技術的に優れていても、やっぱり見劣りしやすいのは残念と思う時が多々あります。

でも、この男子新体操は、私は素晴らしいと思うんですね。日本の若者に人気のヒップホップなど、たまに海外でも評価を得ている人も居ますが、やっぱり何かが違う。

似たような物であるのに、体操競技となると、何故か男子新体操は、見ごたえあると思うのです。
手足の長さや、しなやかさ?その他がチマチマと小さく見えないのは、スピード感でしょうかしらね?

で、勝手な言い分ですが、今学校でヒップホップの授業があるとか話題になった事がありますが、頭部が小さく手足が長い人達のヒップホップを授業に入れるのなら、新体操を授業に入れた方がずっと良いのではと思ったりした。
ヒップホップは部活じゃぁないの?と聞いた時は驚いたのです。

ジャニーズなどは、楽しんで見ていますけれどね。ジャニーズ以外にもいますが...あまり感動しない。芸能人の踊って歌ってを見ても、私は「おしいなぁ~何かが違う」と思ってしまうのです。

特にこの三宅一生とのコラボは体型も上手く隠れているし、素敵だと思った。これだけでなく、これぞ日本と言うものは、積極的に盛り上げて、人まねでなく『見よ!オリジナル』を世界に発信してもらいたいものですね。