ひつじのTime killing notebook

昔々ばかりってつまらなくなったので、最近の海外ニュースも雑記に...むっふ(=^m^=)♪

世情とヒット曲の本当の意味

最近は多分世界中(南半球はよく判りませんが)本当に自然災害以外にも、多くの落ち着かないニュースが入って来る。

そして、彼方此方のネットのニュースを見ても、国によって何でもないと思われることが、ある国にとっては犯罪になったりと言う違いも

あるらしいと判った。

普通の事と思われることが、場合によっては普通ではないようだったり、その為に自分はこう思うと言ったことで、投獄されてしまう場合もあったり、明らかにそれは犯罪行為だろうと思う事が、まったくよくある事で終わってしまう場合もあるようだ。

そんな事で、世の中が騒がしくなると、人民戦線運動や激しい政治紛争や、人種分離法抗議から先鋭化する公民権運動などから、ミュージシャン達などが、歌詞に変えて歌って世界中でヒットしたりした曲が沢山ある。
1960年代頃の歌は、私などは上っ面だけ聞いて、せいぜい直訳した程度で、リズムやハーモニーに惹かれて、気軽に歌ったもんである。

その後年を経て来て、世の中が解ってきた年代になったら、あれ?あの曲がみんなに伝えたかったことは・・・という曲が印象に残るようになってきた。


Creedence Clearwater Revival | "Have You Ever Seen the Rain?" 7" b/w "Hey Tonight" | Vinyl Rip

そして、最近時間が出来る齢になって来たので、懐かしくオールディズを聞き始め歌詞に込められたメッセージに「あらぁ?」となって来た。

表立って堂々と言えない事を、意味合いを変えて歌詞にして歌っている曲が凄く多いのである。全く意味のないそのまんまの歌詞も多いのですがね。

そして今はもう自由に何でも言える時代になったかと言うと、それが認められない国も多く有ると言う事も解って来た。

自由に旅行などで行き来出来るようになってきたが、気を付けないと何気なく行った先でした言動が、その国の人にとってはマナー違反だったり、タブーだったりもあるのは、やはりまだ変わらないと言う事があるようですね。

そう言う意味では、日本は本当にある意味、思想や意見などに関しては何でもありなのが、又吃驚かもしれない。

凄く自由な国とも言えるし、だから自由過ぎてしまって、じっくり思考したり、その他の国に対して、他人事になりがちなのは、気をつけねばと思った。

海外でのニュースをじっくり読むと、考え方が根本的に違う事に驚いたりもする。

西欧諸国は、又陸続きですから、国交関係は難しいでしょうね。

そんなもので思い出すのは、やはりこのヒット曲「"Have You Ever Seen the Rain?"雨を見たかい」の歌詞の意味合いは今や洋楽ファンなら、彼方此方で訳され解説されているので、有名だと思いますが、ヒットした頃の私は、この他の曲に対しても、ざっくり直訳的に理解していたのを反省しているのです。

雨と言うのがまさかナパーム弾で、雨のように降って来る事を歌っているとは、思いもしませんでしたからね。

I want to know, have you ever seen the rain

Comin' down on a sunny day?

僕は知りたい 雨を見たことがある?晴れた日に降ってくる雨を...

 

歌詞の訳は難しくて、安直に訳されているものも多いのにも、驚いたけれどね。でも昔私はこれを狐の嫁入りって言うのが日本にはあるのに・・・って思って聞いていたのだ。

人の事言えないけれど、日本語が母国語なのに、知らなさすぎな日本人が多いのですね。
母国語さえきちんと判らないのだから、他国の出来事と日本の在り方など、本当に正確には解らず、年中???と調べものばかりしてしまう日々なのだ。

 

ヒアリ(火蟻) fire ant 

アメリカのハリケーンのニュースを見ていたら、日本でも多数発見され女王アリも居たとニュースで見た。

最近チョクチョク聞く蟻なので、ちょっと彼方此方検索してみました。温暖化すれば、当然前から雑記などにも書いていましたが、人間にとって不都合な伝染病や、それを媒介する害虫などが増えるのが恐ろしい。

そして、蟻とはね!!!という感じだったが、まだ感じだっただけでしたが、アメリカのハリケーンでこの蟻の筏が浮かんでいるので危険というニュースをみたので、動画サイトから借りてきました。

猛毒性があり刺されると火傷をしたときのような痛みがある。

ヒアリの特性上、何度も刺すため、1度に何匹ものアリに刺されると
最悪、アレルギー反応が起き、呼吸困難・死に至る可能性。

刺された場合は、まず安静にして自身の体調の変化がないかに注意します。症状が悪化した場合は、すぐに病院で受診と書かれている。

 


 

」ヒアリ「いかだ」、米ハリケーン被災地の脅威に

一応天敵も居るそうなので、それを入れて退治するとかの奉納もあるそうですが、オオアリクイに食べさせるとか、ヒアリを食べるハエがいるとか......

でも現実直ぐ対処にはつながらないでしょうし、これはハリケーンの時筏上になって裏表にアリがいて空間に空気がありそれを吸って生き延びるのだそうです(賢い!)

一番簡単なのは、体が耐水性のある体なので、洗剤をかけて脂分を落とせば溺死するらしいそうですが、死んだと安心するのは禁物のアリだそうで、対処したらなるべく遠くに逃げるのが良そうです。

 

後は徹底的に焼き尽くしてしまうかかもしれませんね。これなら完全撲滅出来そうですが、個人でやるには大変かもです。今のうちに徹底した撲滅考えて欲しいものです。とまぁ、次々になにやら恐ろしい物が現れれてきて、私はやはり季節は本当に苦手な気候ですね。

台風・ハリケーン・サイクロン

昨日はミサイル落下緊急情報で賑わった朝になったが、何とか海に着弾して、やれやれと思った人が沢山居たと思いますが、これは今後もある事の日本の災害の一つになったようだ。

そして、過去からある災害の台風の季節がやって来た。

そこそこであれば、水不足解消とか、秋を連れて来てくれるものとして、けして悪い事ばかりでは無かったのだが、最近は温暖化して海水温が高くなった為に、台風ならずとも大雨などの被害が半端なくなってきた。台風の発生場所も変わって来たようだ。。

そして、25日には米南部テキサス州に上陸した大型ハリケーン「ハービー」は27日までに熱帯性低気圧に変化したそうだが、ヒューストン各地が大雨によって大人の胸の高さまで冠水した。

近年アメリカのハリケーンやトルネードのニュースも年中目にするようになり、その規模の大きさは日本など襲われたら、国中がの規模のようだ。

で、ふと思ったのが、台風とハリケーン、サイクロンってみな同じような感じだけれど、言い分けているのは何故?と思って見てみた。

皆さんは常識として知っているかもですが、私は知らないので、言い分けるには意味があるのだろうという事です。

●台風 (英語でもtyphoonと言い方が違います)
東経180度より西側の北太平洋上に位置する風速17.2m/s以上の熱帯性低気圧。

●ハリケーン
東経180度より東側の北太平洋および北大西洋に位置する、風速33m/s以上の熱帯低気圧

●サイクロン
インド洋および南太平洋で発生したもの

詳しくは気象庁のサイトで見てください。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq14.html

発生するには高い海水温が必要なので、ヨーロッパの方には、無いそうです。

近日中に又日本は台風の影響が出て来るようですが、このアメリカの洪水は、あの体のおきなアメリカ人の胸までと言うのが凄いですね。

高齢者の人達や子供のいる家庭は、本当に大変でしょう。

アメリカも益々色々な問題山積みで、あの大きな国を治めるには、それなりの力と知識、経験がある者がならねば、修めきれないのではないでしょうかね。

やっている事が(身近なスタッフが激しく移動など)かの問題国と、たいして変わらない事やっていない?とチラッと思ったりして.....

そんな国同士が話し合いをして、良い結果が得られるのだろうか?

とハリケーンのニュース見ながら思ったりもして......ミサイル落下に関しても、日本はかなり他国の援助解決を当てにしていないかしらね?

色々な災害は他人ごとでは無いから、もっと自衛策の強化をして欲しいものだと、思いつつTVを見ながら、嫌々健康管理です。
又年末には検診がありますからね。

と出来る自己防衛は自分で何とかせねばと思いながら、今日はデンタルクリニック通院です。

プレスリーが他界して40年ですって!

昨日はプレスリーが他界して今年は40年と言うのをTVで見た。プレスリーは私などはずっとお終いの方になってから、映画など見始めたのだけれど、親がプレスリーファンだったので、若い頃のプレスリーの曲なども聞いて知っている。


Love Me - Elvis Presley | The Ed Sullivan Show (1956) [HD]

しかし、どのような人かはあんまり知らなかった。ただ、結婚もして子供もいて、世界のプレスリーなのに、何時も孤独な感じの人に見える。ロックを歌っているけれど。私は彼の声はバラードの方が好きだ。特にファンでは無いのだけれど、好きな曲は結構ある。

で、昨日のTVで見た内容だと、音楽好きな私は、一応ざっくりとは知っていたが、メンフィス出身で双子だったとか位の知識だったが、メンフィスに行く前があって、彼方此方親は仕事を求めて転々として暮らしたようだ。

そして、白人でありながらとても貧しかったので黒人が主の街に暮らしたりしたのが、後に彼にプラスになったと言うのだから、人生は判らないものである。

あのプレスリー独特の歌唱法は、ブラックミュージックの影響もかなり受けているのだと言う。
そんな訳でなのか、私はプレスリーのゴスペルとか嫌いではない。

ロックンロールの王者と言われているけれど、彼のロックはウキウキはしてこないのですね。
しっとり歌い込んだような曲が、彼の声の良さを引き立ててくれているし、いかにもプレスリー自身と言う感じがする。

 

でも彼がデビューした頃は、あの腰を振りながら歌うのが顰蹙をかって、TV出演(エドサリバンショー)の時などは下半身は写さなかったのだそうだ。

貼り付けた動画がそのTV番組のようです。歌いにくそうに見えますね・大爆
今見ると、いやいや私がプレスリーの曲聞くころは、別に何とも思わなかったが、アメリカも昔はPTAは小うるさかったんでしょうね。
でも西部劇とか、ヨーロッパの昔の貴婦人のファッションは下半身はロングドレスだけれど、胸元が大きく開いたドレスとか着ているけれど、それは問題が無かったのが不思議?

今どきの若い歌手の女性なんて、もう半裸に近い様な露出度でも、問題なしのようだし、見ていてそれほど嫌らしいとも思わない。
でも、今後は何でもエスカレートしていくから、どうなっちゃうんでしょうね。

と話が飛躍していってしまうけれど、生きていたらプレスリーは80歳代前半。お爺さんと言うか、ご長寿時代だから、普通の高齢者になっているのか・・・加山雄三くらい?でしょうか!

でも没後40年とはね。私も齢取る筈だわぁ~と思う。未だに世代を超えて、人気があるようですね。

いやいや時代に寄って世の中変わるものですね。

短気でキレやすくなっているのは気候のせい?時代のせい?

今日は今ATP1000(Barclays ATP World Tour Finals)男子プロテニス協会(ATP)が主催するATPワールドツアーの年間最終戦として行われる大会。レースランキングなどにより上位シングルス8名に出場権が与えられる。

試合方式は選出された上位8名がグループAとグループBに分かれ、1次リーグをラウンドロビン方式(総当り戦)で行う。各グループの上位2名が決勝戦に進出できる。
2017年08月12日 20時30分 (Sat) ※現在、夏時間(サマータイム)期間中サマータイム実施時は-13時間 LIVEで見ている🎶

今日はシャポバロフの話ですが、この選手の名前を知ったのは、デビスカップ(杯)の試合中(5日)ワールドグループ1回戦の英国戦サービスをブレークされたことへの怒りからボールを強打し、審判の左目に当ててしまった。
で、7000ドル(約78万円)の罰金処分審判は治療が必要となり、同選手は失格負けに。カナダは英国に対戦成績2勝3敗で敗れた。って事で覚えた名前。

 


【テニス】A・ズベレフ VS D・シャポバロフ 新鋭対決 ATP1000モントリオール 準決勝ハイライト
画像が削除されたので、違う動画をUPです。体が大きな選手が多いとコートが小さく見えますね。

イスラエル出身と言うから、移民したのでしょうね。
この選手だけでなく、最近のスポーツは、昔よりも何だか攻撃的なシーンを見る事が多くなった。

巧くいかないと、ラケットを叩きつけたりとか、戦争や内乱やテロなどからしたら、全然問題ない様な話かもですが、態度が攻撃的すぎるのでは?って思う事を度々目にする。

スポーツは凄く楽しく観るのだけれど、一瞬「えっ!」って思ってしまう時も・・・

勝敗を決めるものは、戦いではあるんだけれど、自分の精神をコントロール出来ない選手が増えて来たようにも思える。

その他のスポーツもです。テニスなどは完全に短気速戦型に変化したようだ。昔のように、ぐっとこらえてストロークを繋げてチャンスを待って!なんてシーンは見なくなった。

世の中乗り物もですが、何でも早くが求められるようになってきているのですね。
そりゃぁ早いに越したことは、ないのかもしれないけれど、もう少しゆっくりの楽しみも、大事はないかと思うんですけれどね。
何処まで早く成れば気が済むのでしょうかね。

外国人の多くは、日本人よりもかなり緩いと思うのですが、その人たちでさえ、せっかちになってきている。

海外も主要大都会は忙しないのは、日本と変わらずの様ですが・・・
忙しないと、生き物に対して無関心になりがちですね。

年寄りも、自分の事ばかりに目が行き、体の動きが自覚しているよりも鈍くなってきていると、物事が捗らなくて、気ばかり焦りがちになっている人を見かけると「あれは自分もだわ!気をつけなくちゃぁ~」と思うようにしている。

しかし、今持病その他の事情で、嫌々ながら健康管理もして、自分なりに元気に過ごそうと思っているのだけれど、出歩いたり、スポーツなどが出来なくなったせいか、スポーツ番組を以前より見るようになった。

やったつもりの代償行為でしょうかしらね、まぁ多くのギャラリーと同じように、評論家は言いたい放題で・・・選手たちはどれほど楽しみや、自分の時間を削って努力しているかと思うと、偉そうなこと言えないんだけれどね。

やっぱりスポーツの外国人選手の体の動きは、筋肉の質が違うのか、しなやかですね。

これに対抗するには日本人ならはでの、何かを見つけないとですね。真面目に練習と努力は誰でもやっている事でしょうから、まずは自分の体の質を見て、どう使うのかがテーマでしょうね。
とこれまた偉そうに言いながら、見ているのですが・・・ニュース見ると、高齢者もキレやすいような事件多いですよね?(気をつけようっと!)

 

 

日本人は生き残れる知識がどのくらい?

ごく最近内閣府派からの『核ミサイル落下時には...』のメッセージをTVでチラッと見かけるようになったが、本当にたまにチラッとなのだ。ネットで見ると各市町村のHPなどには、色々書かれているが、その対処法は「なんだかなぁ~そんなもんじゃぁないでしょう」と言う感じだ。 大体『お約束は何でも、自分に都合よく、何時までも守られる』と思っている日本人の暢気さは、もう天然記念物と言う感じがする。

自分自身だってそんなに『約束をきちんと守っているか』と言われたら、かなり努力して、守ろうとしないかぎりは、うやむやになっている人が大部分だと思うのだ。

昔々、色々な国の人と関わるチャンスがあり、度々雑談をする機会があったけれど、サバイバル精神の無い事は、もしかしたらNO1は日本人?と思った。(その時の私の事ですが・・・) 

で、サイバー攻撃とか、色々な問題が急浮上してきた近年ですが、そのニュースに関してもTVのニュースなども、国内事件放送が大部分で、今日本人はどのような意識をして暮らさなくてはいけないかを考えなくてはと思うようなニュースは少ない様な? 何時も他国の色々を『自衛隊がお手伝い』(実際は物凄く危険に晒されていると思うのです)したり日本大好き外国人日本の技術の素晴らしさの番組は多く、日本人は世界から特別に好かれている感を感じてしまう。

でも本当にそれだけで良いの?と不安になる。
まぁなるようにしかならないんだけれどね。そう居直って暮らすのも良しなのだけれど、色々を理解してでの居直りならまだしも、何も知らなかったで済ませるのは、いかがなものかなぁ~って思う。

で、多少の事ですが言葉で読むのも面倒でしょうから、3つほど見ておいても損はないかもの動画をUPしてみた。
ただしフェイクニュースもあるので、気を付けないとなにのですが!

何故か気になっているのがウクライナの大停電問題。日本がと思うと気になっ。
その後の動画の緊急時対策は私はすでに必要な事と準備してあるものが多かったので、UPしてみた。

停戦破綻13 ドネツクの送電線修理は狙撃の危険性 (ウクライナ

 

  ]

     ********

ウクライナの大規模停電、ロシア製マルウェアが元凶か

CNETjapan  https://japan.cnet.com/article/35102635/

ロシアと関係のあるハッカーグループが、変電所のスイッチやブレーカーを直接制御できるサイバー兵器を開発した。ある国の一定地域を停電させ、大混乱を引き起こす能力があるという。

「Industroyer」と名付けられたこのマルウェアは、重要な電力供給を標的として、電力網で使われている産業用通信機器を攻撃する

CNETjapanは
2009年に朝日新聞社がサイト事業を買収、以降は朝日インタラクティブによって運営されているサイトです。

         ********

災害時に役立つかもしれないライフハック15選【東京防災に学ぶ地震など災害対策の知恵や工夫】

 ]

[防災・減災マメ知識]災害時 集団パニックにならないために(2014/1/27 放送)

]

まぁ暇つぶしに見てみてください。

 

不思議な星地球

私たちは地球と言う星のほんの一部に暮らしていますが、その地球をどのくらい知っているかと言われると、ほとんど何も知らない事が多いのではないでしょうか。

今地球は温暖化で、色々な気象現象に振り回されていますが、私が中学生の時の理科の教師に「地球は氷河期に向かっている」と聞いた。

暑いのが苦手な私は、涼しくなるのは、嬉しいといったら、私達世代が生きている間は、まだ途中段階で、あまり自覚出来るものではないと聞いた。

氷河期に向かうという事は、徐々に都合よく気温が下がるわけでなく、途中ではヒートアイランドなども多く起きるらしい。

そして、今北極やグリーンランドなどが氷がドンドン溶けて来ている反面、南極では氷が増えているそうである。

南極側の事は遠いので、あんまり詳しくは判らないんだけれど、ハッキリわかっているのは、余りにも小さな世界での事ですが、確実に夏が長くなり、熱帯夜が増え、本日もエアコンを入れる時間が長くなってきて、朝からすでにエアコンの中である。

そして、非常に雨が少なくなってきた。

北半球の話としては、寒暖の差が激しく、熱波に襲われたり、物凄い大雪が降ったりになってきている。で、私は「約半世紀過ぎて理科の教師の言う通りがちょっぴり見えてきた」と思っているが、想定外に速いスピード!とも思っている。

そこで、この問題に関しては、実に色々な説が出ていて、どれが本当だか訳わからない情報が氾濫して、それを又TVなどが興味津々で見るようにあれこれやり過ぎなので、此処で皆考えなくなってしまうのが、日本人の特徴でしょうか・・・

しかし、世界の学者は地球を知るべく、危機があるなら上手に回避するべく、地道に失敗も繰り返しながら研究しているんですね。

学者さんは偉い!って思いますね。時には誤解を受けて、一生懸命研究した結果を、ボロクソに言われることもあるでしょうからね。

で、あれこれ見た結果私はこの動画2つは興味深いと思いました。

●地球が氷河期へ突入し世界が凍り付く… NASAが撮影した画像

youtu.be

 

●海はどれほど深いのか?未知なる領域

youtu.be

 

北極に近いグリーンランド周辺と言うと、物凄く遠いようですが、多分天文学的に考えたら、日本も関わっている所だと思うのですが?

海水温が上昇すると、藻が増殖して、真上から見ると海は黒っぽく見えるそうです。すると、そうでないところのように、太陽の熱を遮断してくれずに、吸収して海水温が上がってしまうのらしい。

すると海の水はジッとしていませんから、海流などでかき回されて、生態系も崩れてくるし、台風の発生位置も変化するし、蒸発した水分増加で、大雨になって降って来る。と言う事になるのですね。

地球の磁場がSとN極2点だったのが、4点になってきたとも言うのも興味深いですね。

日本は国民一人あたりの二酸化炭素排出量が「世界平均の2倍以上」だと言われています。そして国全体の二酸化炭素排出量も世界のトップクラスだといいますから、なにかせねばですよね。

で、結局は問題が大きすぎるので、私は凄く小さな問題ですが、個人的には、生きている間は極力エコ暮らしをしようと思っって、ただいま実践中。

暑さに弱いので夏のエアコンだけは、どうする事も出来ないので許していただくことにして、その他は早寝早起きですから、あまり電機は使わないでしょうし、お風呂苦手なので、シャワーしか使わない。
等などささやかにエコに励んでいる。

ゴミは目標以下の1日灰にして一人タバコの箱1箱分以下だと思われるし・・・

他人ごとのようですが、生物はまだ未知の部分が多い海などの(水)に支配されるのか、それとも空の方の太陽(火)に支配されるのか何方でしょうかしらね。その両方の間で巧くバランスを取って暮らしていくしかないのでしょうが。。。恐ろしくもあり、興味深くもあり、それにしても地球は不思議な星でもありますね。

と私だけかもしれませんが、毎日不思議に満ちているのです。

 

読んでくださっている方がいらしたら、誤字脱字・変換ミスが有ったら、まぁ許してください。勘ピューターで翻訳して読んでください。
最近そのチェックが多いのです。突然フォントサイズが一部変わっていたり、修正をしていると、書くのが嫌になって来るので・・・

何たって暇つぶしの雑記帳ですので、宜しくおねがいしま~す。